デグーのための湿度対策!デグーが湿気ると起きるトラブルと除湿対策まとめ

デグーのための湿度対策!デグーが湿気ると起きるトラブルと除湿対策まとめ

日本の気候は高温多湿。近年では、梅雨時期から夏の終わり頃までいつまでも蒸し蒸ししますよね。デグーを飼う上で室温の管理はとても大切なことですが、湿度にも気を付けてあげないと体調を崩してしまうことがあるのです

本記事では、デグーの最適湿度についてと湿気に負けたデグーがどうなるかを解説、さらにおうちでできる湿度対策を後半でまとめていきます!

degubase筆者情報

デグーは湿度に弱い?ふるさとは乾燥地帯

デグーがもともと生息している地域はアンデス地方。コロンビアからチリにアンデス山脈が走っていますが、その周辺をさしてアンデス地方と言います。山脈のイメージが強いので「デグーって崖で暮らしてる」と思っている方も結構多いのですが、実際のアンデス地方は水資源豊かで自然に恵まれた土地です。

地形は複雑ですが、どこをとっても大体標高が高いのでカラッとした乾燥地帯と考えていいでしょう。


日本で生まれた日本人すら音を上げる最近の夏場の湿度ですから、アンデスで繁殖していたデグーたちにとってはクソ蒸れることこの上ないでしょうね。

デグーの適正湿度は “50%” 前後

デグーにとって快適な湿度は諸説ありますが、一般的には“50%”といわれています。おうちに湿度計がある方ならわかるかと思いますが、湿度50%ってなかなかカラッとしていますよね。

雨が降っていなくても夏場であれば60%を超えますし、天気予報で湿度90%なんていわれる梅雨の日も珍しくありません。90%って何でしょうね。水の中と変わらないですよね。

デグーを7年飼っていて、気温ほどに湿度を慎重に管理する必要はないのかなと思います。
ただ、悪条件の多湿が長く続くとデグーの健康を害する可能性があるので注意が必要なのです。

冬場の適度な加湿はOK、気をつけたいのは”高温多湿”

一方で、冬場になると30%前後に下がる日本の湿度。空気の乾燥は喉の粘膜を痛めますし、お肌にも良くありません。我が家では、冬場は加湿器を使って湿度60%くらいでしっとり過ごしています。デグーも全然平気そう。

デグーにとって負担になるのは、暑さとセットの多湿です。多湿が要因で起きる皮膚病熱中症などの症状は暑さとセットになることでより起こりやすくなるからです。

湿気がやばいとデグーはどうなる?

基本的には、そこまで神経質にならなくても大丈夫。
ですが、湿度の管理を全く意識せずに夏を過ごしてしまうとデグーに影響が現れることがあります
どんなことになってしまう可能性があるのか、考えてみましょう。

熱中症

デグーってそういえば汗をかきませんよね。人間は発汗で体温を外に逃しますが、デグーはお腹を冷やしたり、仲間とくっついたりしてかろうじて温度変化に対応します。

扇風機の風が当たると私たちは汗と肌が冷えて涼しいですが、汗をかかないデグーにとっては「別に」なのです。サーキュレーターの場合は風がめっちゃ早く動くことで空気そのものが冷えて室温も下がって……ということもありますが、デグーにとっては「まあ、はい。冷ための風です」なのです。厳しい。

対応できる気候環境を超えた状態で長時間過ごしたデグーは、熱中症を起こすことがあります丸くなって動かない、歩いてもよろよろしている、耳や肉球など粘膜部分が赤い、というのはデグーの熱中症の代表的な症状です。

さらに、痙攣パニックで暴れ回る症状を起こすデグーもいます。

デグーが熱中症になってしまった場合、保冷剤でいきなり冷やさずに。急激な温度変化はデグーにとって辛いものです。まずは室温を下げる、次に水を飲ませる、最後にビニールで包んで水気がデグーにつかないようにした保冷剤で体を冷やします。

猛暑!デグーの熱中症を防ぐ“暑さ対策”と絶対やってはいけないこと3つ

皮膚病

湿度が高すぎると、デグーの地肌に炎症が起きたりカビやダニが繁殖することがあります。真菌症はデグーの皮膚病の中でも起こりやすい、カビ由来の病気です。また、常在菌が蒸れで悪さしてしまうと膿皮症を発症することも。

カビ系の皮膚病は他のデグーや人にもうつりますから、早めの通院が大切です。
デグーの脱毛は正常?換毛期の過ごし方と皮膚の病気のセルフチェック方法

食欲不振

湿度が高いとじめじめしてだるい、というのは人間にも当てはまる不調ですよね。デグーも案外、湿度の倦怠感を感じやすいようで「蒸し暑くて動きたくない」という状態になることがあります。

そんな時デグーを触ってみると、毛がボソッと湿気っていたりします。動かないし腹減らない、だるいし水飲まない、チモシーも湿ってるし。こんな些細な倦怠感でもしばらく続くと食欲不振の原因になり得ます。

デグーの食欲不振に悩む飼い主さんは多くいます。デグーは偏食しやすい動物ですからただのわがままなのか、それとも何か理由があって食欲がないのか、見極めが難しいのですよね。“食べない”というのは動物にとって命に関わる問題ですから、心が落ち着かないことでしょう。

まず、ケージ環境やチモシーをカラッとさせてみましょう。ご飯のバリエーションを豊かにしてみたり、たまには本人が食べたがるものをメインにあげてもいいでしょう。もしかしたら、温度湿度対策のしすぎでデグーが寒がっていることもあるかもしれません。
デグーに喝!“食べないペレット”捨てる前に試しておきたいテクニック集

デグーのケージ周りの湿度対策!

さてここからは、デグーのケージ周りの湿度をどうやって下げていけばいいのかをまとめていきます。

我が家で行っている方法をメインに、デグーに負担がない方法を4つピックアップして紹介します!

クーラーの“除湿”をオン

一番手っ取り早い、クーラーの除湿機能を使う方法。「除湿28度」など、室温管理とセットになっているものが多いと思います。デグーにとっての適温は20〜25度と言われていますが、我が家では夏場は基本28〜30度設定。

夜はよほどじめじめしていない限り外気で就寝です。住んでいる地域、デグーによって適温は変わるので設定温度はあくまで参考程度に。

デグーは意外と空調で寒がっていることがあるので、ケージ内に暖かい逃げ場を作ってあげる配慮は夏でも必須です。
デグーの低体温症の原因・症状とは?冬以外にも注意したいケージの温度管理

除湿剤の有効活用

ケージにはチモシーハンモックなど、湿気を吸いやすいものがたくさんあります(デグー本体もそうですよね)。デグーが食べないように注意しながら、除湿剤を置いてあげるのもおすすめの方法

クローゼットなどに使うタンクタイプの除湿剤は、デグーの歯の届かないところに設置してあげるとかなり力を発揮してくれます。除湿剤のうっかりかじりが心配な方は、備長炭に湿気を吸ってもらうのもいいと思います。

また、ケージのトレイ部分に新聞紙や段ボールなど加工されていない紙を入れておくと、僅かではありますが水分を吸ってくれますよ!

ハンモックをこまめに交換

デグーの肌(?)が直接触れるハンモックやホットカーペットカバーなどの布類は、湿気の多い時期に触ると悲しいほどに湿っています。

デグーはおしっこの上におしっこを重ねてする習性があります。布がそもそも湿気っていると「なんか湿ってるからここにしちゃお」みたいな感じで、湿気が湿気を呼ぶ印象です。さらに、ハンモックが不衛生だと皮膚病の原因にもなります。

我が家ではケージの掃除は週一回ですが、多湿な時期はハンモックだけこまめに変えています。

カラッとした日はすかさず換気!

空気が動くとデグーも動く」。これは、筆者の言葉ですw。湿度を下げる目的で換気する場合、部屋の2ヶ所は窓を開け、空気が通るようにしてあげましょう。

外の風が熱風、という日は無理ですが、気持ちのいい風が入る日は換気をすることで部屋の湿度は下がります。

我が家では、冷房、除湿、冷房、除湿……と空気の滞留する中で寝てばかりでだれていたデグーが、窓を開けるとみんなして一斉に働き始めます。暑い日は空調できちんと室温を管理してあげることが大切ですが、カラッと風が気持ちいい日には窓を開けて、デグーの時計も動かしてあげるといいのでは、と思います。

デグーの怪我・病気カテゴリの最新記事