デグーが食べると危険なものたち「えっ、これあげちゃダメなの!?」

デグーが食べると危険なものたち「えっ、これあげちゃダメなの!?」

デグーはいまだに研究途中の動物です。こんなに小さいのに、彼らの体についてわかっていないことがまだたくさんあるんですね。

なんとなくデグーに与えているものが、実は食べては危険なものであることがよくあります。本記事では、これまでに知られているデグーが食べると危険なもの(毒性があったり体調不良の原因になるもの)を整理してお伝えします。

また、海外の飼育サイトで見つけた「デグーが食べると有害な木」の情報が筆者的にかなり衝撃でしたので、後半でシェアしていきたいと思います!

degubase筆者情報

デグーが食べてはいけないものは意外と知られていない

デグーの飼育情報ってまだまだ少ないですよね。デグーは犬や猫と違い、ペットとして飼われるようになってからの歴史が浅いのです。

欧米では日本よりもやや早くデグーがペットにされてきましたが、そんな海外でもやっぱりデグーを見てもらえる病院を探すのは大変だし、デグーの医学的根拠のある飼育情報を手に入れることは難しいのだそう。

これってデグーにあげてもいいのかな」と思ったとして、日本に住む私たちはどんなふうに判断するでしょうか。
デグー (食べ物の名前)」でネット検索して少ない情報を頼りにしてみたり、SNSで同じものを食べているデグーを探したりすることが多いと思います。デグーと食べ物を見比べて「いけそう」であれば与える、みたいな経験がある方もいるでしょう(ドキ)。

さて、ここからは“デグーが食べてはいけないもの”。例えば有毒だったり、それ自体に毒がなくても体調を悪くする可能性のあるものを以下にまとめていきます。

生野菜は“下痢に注意”

まずは基本的なところから。デグーに生野菜を与えるのは危険なことではありませんが、量をあげすぎると下痢の原因になることがあります。

体の小さいデグーにとって、下痢による脱水症状は命取りになります。NG食材を与えない配慮はもちろんですが、水分の多い餌をあげる場合、デグー本人が大喜びであったとしても適量にとどめてあげるようにしましょう。「これ以上は下痢っちゃうからやめとくか…」ってデグーには判断できないのです。

おもちゃの“塗装に注意”

デグーを飼ってから100均に行くと、まるでおもちゃの宝庫のように思えてきませんか。

木製のボール、プラスチックの小箱、デグーにジャストサイズのミニチュア家具……。ところが「これ、おもちゃにいいかも」と思って何気なく購入した小物の塗装に鉛が含まれていると、デグーが中毒を起こしてしまうことがあります。

鉛は人間の赤ちゃんにとっても大変危険なので、最近ではあまり使われなくなってきています。しかし、安価な大量生産・海外製のものの中には鉛の入った塗料を使った製品が残っていることも。

歯が一生伸び続けるデグーにとって、かじり癖とは本能的なものです。「必ず齧る」という意識のもと、多少高くても“ペットOK”と表記されたものを買うか、食品由来の塗料を使ったおもちゃを選ぶ配慮。これは思わぬ事故を防ぐためにも大切です。

“自然毒を持つ植物”に注意

「犬にタマネギはNG」という話は、犬を飼ったことがない方でもなんとなく知っている情報かと思います。食品に含まれる特定の物質が、特定の動物にとって毒になることがあるんですよね。コアラが食べているユーカリは実は猛毒、というのはこれの逆パターンでしょうか。

植物が「こいつには食べられたくないな」という動物に対して防衛のために持っている毒を「自然毒」と言いますデグーは草食動物ですが、つまりどんな植物でも美味しく食べられるというわけではないのです。

ここでは、デグーに有毒であることがわかっている代表的な自然毒を4つ挙げていきます。

ソラニン:じゃがいも

じゃがいもの皮や芽、緑色の部位に含まれている天然毒「ソラニン」。じゃがいもの他にホオズキにも含まれていますので、秋のおしゃれな花束を部屋に飾る場合なんかも要注意。

デグーが中毒になると脈が速くなったり、下痢、神経麻痺、赤血球を破壊して貧血を起こすことがわかっています。ハムスターでの動物実験では、奇形が発生する確率が上がったという報告も。ハムスター教えてくれてありがとう……。

シュウ酸:ほうれん草、タンポポ

ほうれん草・たんぽぽの他に、クローバーにそっくりな“カタバミ”にも含まれている天然毒「シュウ酸」。毒というより、いわゆる“アク”をイメージするとわかりやすいかもしれません。多く摂取してしまうと、血液中でカルシウムと結びついて結石の原因になることがあります。

ところが、ほうれん草やタンポポの葉はデグーのおやつでも推奨されています。我が家のデグーもみんな大好き。これらを安全に与えられるのは、市販の小動物用のほうれん草やタンポポの葉が、きちんと加熱・乾燥処理されているため。つまり正しい方法でアク抜きできているからです。

道に生えている植物にはシュウ酸が含まれていますから摘んであげたりしないよう、市販のものをあげましょう。

アリルプロピルジスルファイド:玉ねぎ

タマネギ、ネギ、ニンニク、ニラなどのネギ属の植物に含まれる「アリルプロピルジスルファイド」。アリルプロピルジスルファイドはシュウ酸とは違い、加熱しても毒性は消えません

赤血球を破壊する“溶解性貧血”が主な中毒症状ですが、この貧血が原因でカリウムが血管に溶け出し「高カリウム血症」になってしまうと死亡してしまうこともあるのです。

以前、我が家のデグーが部屋んぽ中に落ちている小ネギを拾って食べていたことがあったのですが、何事もなく無事でした。おそらく、ほんの僅かだから大丈夫だったのだと思います。部屋んぽ前に食べこぼしが落ちていないかは要チェックですね……。

ベルジン:アボカド

人間には無害ですが動物には絶対NGである「ベルシン」は、1995年に初めて分解された比較的発見が新しい毒素。アボカドに含まれていて、動物が摂取すると下痢、嘔吐、呼吸困難、鬱血が起こり最後には死に至ります

ちなみに身だけではなくアボカドの葉っぱもNG。動物実験でうさぎにアボカドの葉を与えた結果、心臓不整脈と顎下浮腫の症状が出たあと死んでしまったそうです。かわいそう…、うさぎ教えてくれてありがとう……。

最近では観葉植物としてアボカドを種から育てる方もいます(筆者もやってる)。美味しそうな葉っぱがたくさん生えてきますから、絶対デグーに近づけないようにしましょうね。
デグーのおすすめおやつ図鑑!我が家の市販のおやつを公開

【海外サイトから】デグーが食べてもいい木、“食べてはいけない木”

デグーにかじり木を与えるとき、どんな基準で選んでいますか?「いい感じの形」とか「いい匂い」とかで与えてしまうこともあるのではないかと思います。

実は木の中にもデグーにとって有害なものが存在するのだそう。そりゃ、自然毒ってきっと木にもあるでしょうから、当然と言えば当然ですよね。

デグーの情報が豊富な海外サイトからの引用で「デグーに無害な木、有害な木」という記事を翻訳して紹介します。

木材がペットに害を与えないかどうかを確認する必要があります。この記事では、デグーにとって安全な木材を探している方のために、何を避けるべきか、何が無害なのかについての情報を提供します。安全な木材は、デグーに噛ませたり、おもちゃを作ったりするのに適しています。

デグーのために木材を購入(または収集)する際には、オーガニックであること、農薬を使っていないこと、汚れを落としていることを確認してください(野菜ブラシを使い水で洗うとよいでしょう)。

また、化学的な処理や塗装はしないでください。一般的には、食品由来の染料を使用することができます。デグーのお手入れについては、常に慎重を期してください。おもちゃやケージアクセサリーの素材がわからない場合や、木材が安全かどうかわからない場合は、ペットに与えないようにしましょう。

Exotic Animal SuppliesSafe Wood for Degus – Toys, Chews, & Cages

以下は、同じ記事でまとめられていた「デグーが食べてもいい木、食べてはいけない木」のリストです。ひとつひとつにどんな理由があるか調べたわけではないので「へえええ〜」みたいな感じで、筆者と一緒に見てください

デグーが食べてもいい木

リンゴの木
イチゴの木
アッシュ
バンブーケイン
ブラックベリーの木
カシスの木
コラの木
ココナッツシェル
コットンウッド
クラブアップル
ハナミズキ
フィルバート
グレープバイン
セイヨウサンザシ
ヘーゼルナッツ
ハシバミ
キウイの木
シナノキ
マンザニータ
クワの木
梨の木
ペカンの木
ポプラ
軽石
カリンの木
ローズヒップ
サイザル麻
シカモア楓の木
ウォーターヒヤシンス・葦


Like this infographic? Get more degu care tips from Exotic Animal Supplies.

えっ、軽石って食べて大丈夫なんだ……。ほんと?じゃあ爪削りできる軽石のステップ、外さなくてもよかったのか……。

デグーが食べてはいけない木

アーモンド
アプリコット
アスペン
バルサムファー
ブナ
アプリコット
アスペン
バルサム・ファー
ブナ
白樺
ブラックウッド
ボッグウッド
ボックスウッド
ブッドレア
カシュー
シダー
チェリー
柑橘類(レモン、オレンジ、グレープフルーツなどあらゆる種類のもの
ココボロ
ヒノキ/バルドヒノキ
ダホマ
ダムソン
ハナミズキ
黒檀
エラング/ムクルング
エルダー/エルダーベリー
ニレ
ユーカリ(Eucalyptus
イチジク/ケープフィグ
モミ
フォルスィンティア
ゴンカロ・アウベス
グリーンハート
ヘムロック
トチノキ
イロコ
ジュニパー
カポック
ローレル
モクレン
マホガニー
マンソニア
メープル
ミモザ
モパーン/モパニ
マートル
ネクタリン
オーク/コルク
オベッチ/アバチ
オクハバ/ユング
キョウチクトウ
オリーブ
パドゥアク
パウ・フェロ
ピーチ
ペロバ・ロサ
松(生松・松ぼっくり
プラム
プライム
プルーン
パープルハート
ケブラコ
レッドメイプル
レッドウッド
ローズウッド
ササフラス
サテンウッド
セコイア
スネークウッド
スプルース
チーク
ウォールナット
ウェンジ
ウィロー
イチイ
ユンナン
ゼブラウッド


Like this infographic? Get more degu care tips from Exotic Animal Supplies.

いや、めっちゃありますねえ。チーク、ウォールナット、コルクなんかは家具にもよく使われている身近な木材ですよね。食べちゃうとよくないんですね……。

さらにたまげたのが「松ぼっくりNG」!あげちゃったことあります。可愛いし、喜ぶし、よくお土産にしていました。確かに言われてみれば、松って動物避けに使われることもある植物ですし、まあ良くは無さそう。

ヒノキなんていい匂いだからたまに「ほら〜」ってあげていますし、アスペンって床材で昔使っていましたよ「アスペンの大地」。よくないの?ほんとに?へええええ〜。

デグーのごはんカテゴリの最新記事