病院?様子見?デグーが事故に遭った時の対処法を考える【誤飲・感電・落下・踏んじゃった】

病院?様子見?デグーが事故に遭った時の対処法を考える【誤飲・感電・落下・踏んじゃった】

デグーと部屋んぽするの、楽しいですよね。デグーも楽しいと思いますが、飼い主だって楽しいです。しかし、慣れた頃にふと起こってしまうのが「デグーの事故」。

本記事では、デグーに多い事故についてまとめていきます。お世話の合間にのんびり読んでいる方はこのまま、今まさにデグーが怪我をしてしまって、慌てて読んでいる方は目次から必要なところにジャンプしてくださいね!

degubase筆者情報

デグーの事故は咄嗟の判断が大切!

デグーは飼い慣れてくるとみんな好奇心が旺盛になってきます。壁登りやコード噛みなど、「ダメ」と言われると余計にやりたくなってしまう…なんてジレンマが垣間見えることもしばしば。

デグーは自然界では捕食対象の小動物。そのため、怪我や不調を周りに悟られないように隠す習性があると言われています。かなりやばい怪我をしているけれど、ちょっと無理して歩いてしまうデグーも中にはいるかもしれません。

とはいえ、僅かな怪我にもかかわらず闇雲に病院に連れていくのは反対にデグーにとってのストレスになることもあります。じっと休んでいれば、自力で数日で治せる怪我もあるのです。

ここからは、デグーが部屋んぽ中に遭遇しやすい事故をまとめていきます。
デグーは部屋んぽさせるべき?手作りサークルと保護シートでトラブル解決!

デグーを踏んでしまった

何度かヒヤッとした経験がある飼い主さんも多いのではないでしょうか。軽く蹴飛ばしてしまったり、座ろうとしていた椅子に先にデグーが座っていたり、我が家でも「危ない!」という経験は何度もありました。

もし、完全に踏んでしまった場合・完全に蹴飛ばしてしまった場合は、まずデグーの様子を確認しましょう。肺を踏んでしまった場合、デグーが呼吸困難になっていることもあります。こんな時は、すぐに病院です。

息ができているようであれば、次に軽く歩いてもらって、手足に異常がないか確認します。びっこを引いているようであれば、痛がり方をみてあげましょう。骨折している場合、デグーはぐったりと歩くのをやめてしまうはずです。

痛みでパニックになっている場合はすぐに病院、落ち着いていながらも数日痛がっているようであればなるべく早く病院にかかる方がいいでしょう。
デグーの尻尾が切れちゃった!病院行くべき?尾切れ・怪我の緊急対処について

内臓を踏んだか手足を踏んだかで緊急度は変わる
パニックになっている場合はあまり触らず、まずは落ち着かせること

デグーが誤飲してしまった

デグーはものをかじるのが好きですから、飼い主の見えないところで部屋んぽ中にいけないものを齧る事があります。牧草の中に入っている乾燥剤、ハンモックなどの布、床に落ちた人間の食べ物など、焦っているのはこちらだけという感じで涼しい顔で誤飲・誤食するのがデグーです。

デグーの死因の中でも「腸詰まり」は珍しいものではありません。繊維質と糖質のバランスが崩れることで消化機能が鈍ることもあるくらい、デグーの消化器系は繊細なのです。

もし、デグーが食べてはいけないものを食べてしまった場合、うんちの量や細さに異常がないか、食欲が落ちていないかをしばらくの間、確認するようにしましょう。毒性のないものであれば、消化にのみ注意して自宅で様子を見ることもできます。

我が家でも誤食の経験は何度かあります(消しゴム、コーヒー豆、乾燥剤など…)。いずれも自宅で様子見で大丈夫でしたが、うんちはしつこくチェックしていました

食べてしまったものに毒性はある?
食欲が落ちていないか、うんちが細すぎないかをチェック

デグーが感電してしまった

デグーって感電したらどうなるんだろう」って、実際に感電したデグーを見たとして感電だ!ってすぐに判断できるのか自信がない飼い主さんも多いと思います。

デグーの感電は多くの場合「ヒゲが焦げていること」で気がつきます。ビリビリビリ〜という感じではなくて、電気に触れた手足、口の中を静かに火傷しているパターンが多いようです。

部屋んぽ中の家電のコードはもちろん、ケージ内の暖房器具を地道に齧って……というトラブルも起こり得ます。
ショック状態になっている場合、また顔を気にして毛繕いしている場合は麻痺が出ている可能性もありますから病院に急ぎましょう

火傷が悪化して口の中が腫れるとご飯が食べられなくなることもあります。ヒゲが焦げているだけに見えても、念のため病院に連れて行ってあげた方がいいのではと思います。

ショック状態、顔面麻痺がある場合は即病院
軽い火傷だけに見えても口の中のダメージは見えないので念のため病院がベスト

デグーが高いところから落ちてしまった

高所からの落下もかなりおきやすい事故ですよね。デグーは運動神経がいいようで、意外とお尻が重たいですから足を滑らせて落ちてしまうことは珍しくありません。

デグーが高所から落下してしまった場合、踏んでしまった時と同様に「まず呼吸はできているか」「その後軽く歩かせて、四肢は大丈夫か」を確認します。また腰を打ってしまった場合、下半身に障害が起きる事があります。二本足で立ち上がった時に震えはないか、おしっこは出せているかも確認し、異常があればデグーが動き回る前に病院に連れていきましょう。

踏まれた時と少し違うのは、デグーが落下したときの恐怖で塞ぎ込んでしまう事があるということです。体は無事だけれど怖かったのでそっとしておいて欲しいと眠り込んでしまうデグーもいます。

体の異常で動けないのか、怖くて塞いでいるのかを見極めるためにも、呼吸・四肢・下半身のチェックは速やかに行いましょう。怖がっている場合、撫でてあげたりそっとしておいてあげたりは懐き方によって変わります。好きなおやつをそっと差し入れてあげるのも良いでしょう。

呼吸・四肢・下半身の麻痺を速やかにチェック
怖がっている場合は適度な距離感でメンタルケアを

デグーを病院に連れていくときのプロセス

デグーを病院に連れて行かなくてはいけない状況になるのは、たいてい突然のことです。デグーが元気なうちから、病院の情報集めをして、いざというときはこの病院に頼ろう、という目星をつけておきましょう。

夜間診療休日診療をしている病院、デグーの診療実績をブログなどで公開している病院が近くにあれば理想的ですが、こればかりはお住まいの地域によりますね……。

デグーの事故で病院に連れていく場合、必ず事前に病院に電話をかけるようにしましょう。その時に「これからデグーを連れて行っても大丈夫か」「デグーの状態を伝え、病院でどのような処置をしてもらえるか」をきちんと聞きます。

怪我をしているデグーを“とりあえず”病院に連れていくのは、極めてリスキーです。「家でじっとしていた方が本人にとっては良かった」なんてことにならないためにも、デグーが診られるかはもちろん、どんな処置を施す可能性があるかを前もって聞いて判断するのが良いと思います。

家で様子見する場合のチェックポイント

実は、我が家DEGUBASEでは、デグーを病院に連れて行った事がありません。「ここまで書いといてなんなんだよ!」という感じですが、みんななんだか体が丈夫で、たまの調子が悪そうな時もある程度お家でケアしていると数日で回復します。

我が家のデグーのこれまでの不調の内訳は、喧嘩しての流血、落下しての足挫き、産後の体力低下、食欲不振、うんちの細さなどなど……。「病院いくか!?」という話になった事件もいくつかありましたが、じゃあどんな処置をしてもらえるんだろうと考えた時、「まあでも薬塗って終わりだよなあ…」という結論になり、家でじっとして治した方がデグー的にいいのでは、と判断する事がほとんどです。

家ではただ見てるだけというわけではなく、うんちが細ければ余計なものをあげずに便の滑りをよくする“オオバコ”をおやつにしたり、足を挫いたらケージ内をジャンプ無しで移動できるように改築したり、食欲不振であれば食べられる好物をメインにとにかく食べられるものを食べさせたり。
デグーのおすすめおやつ図鑑!我が家の市販のおやつを公開

流血系の怪我は砂浴びボトルを取り去って、ご飯をしっかり食べさせていつもより早く消灯したりして自然治癒を促しました。あと、これはあまり推奨されないかもしれないのですが、傷の治りかけが痒くて齧ってしまうデグーには、カサブタにワセリンを塗って齧りと乾燥を防ぐこともあります。

1日先のことを色々想像してせっせとお世話をしていますが、いつか病院に連れていく日も来るのだろうなと思います。ドキドキ……。

デグーの怪我・病気カテゴリの最新記事