デグーの尻尾が切れちゃった!病院行くべき?尾切れ・怪我の緊急対処について

デグーの尻尾が切れちゃった!病院行くべき?尾切れ・怪我の緊急対処について

デグーのチャームポイントである長い尻尾ですが、案外本人はぞんざいに扱っているように見えることってありませんか?お昼寝中にケージの外に尻尾が放り出されていたり、ルームメイトに齧られてもぼんやりしていたり……。

本記事では、意外と多い事故である「デグーの尻切れの対処法」について書いていきたいと思います。出血系の怪我は見た時びっくりしますし、焦ってしまいますよね。しかしそんな時こそデグー本人の様子をしっかりと観察し、適切なサポートをしてあげられるように心の準備をしておきましょう……!

degubase筆者情報

デグーがしやすい怪我「尾切れ」

実はデグーの尻尾、元々切れやすい構造にできています。例えばリスなんかは有名ですよね。外敵から逃げ延びるために尻尾はあまり頑丈に取り付けられていないのです。そのためちょっとの拍子で尻尾が切れてしまったり、ズルッと抜けてしまうこともあります。

元々あったものが出血と共に無くなってしまうわけですから、飼い主さんの衝撃はかなりのものでしょう。「ウワーー!!」ですよね。

我が家のデグーは5匹中、1匹尻尾が切れていて、別の1匹は先端がプランプランと折れています。しかしこのふたつの尻尾の怪我、飼い主が気が付かないところでひっそりと起こり、気づいた頃にはほぼ完治しているほどでした。

何が言いたいのかといえば、デグーの尾切れ・尻尾の怪我は起こりやすく、デグー本人が気にせずに治してしまうこともあるということです

デグーの尾切れの原因あれこれ

デグーの尻尾は案外やわやわな作りです。飼い主さんが踏んだ、回し車に絡まった、ルームメイトに噛まれたなど、色々な原因で尾切れは起こり得ます。

デグーは軽症の怪我であれば自力で治してしまいます。実は尾切れも軽症であれば病院に行かずとも治ります。そこで、どんな尾切れ・尻尾の怪我であれば重症と言えるのか?という見極めが必要になってくるのですね。

切れた後のデグーの尻尾はどうなる?

デグーの尻尾は切れてしまった後、先端が露出している場合は壊死してぽろっと取れます。花の苗の葉をカットした数日後、切り口の茎が変色して取れるのに似ています。

体と繋がっている部分は、傷が治ってしばらくすると毛も生えてきます。トカゲのように新たに尻尾が生えてくるとか、病院に持っていけば接合手術ができるわけでもなく、切れたら切れ口を治しておしまい、という感じです。

ただ、尻尾とはいえ傷口に菌が繁殖してしまうと化膿して、デグーの体調が悪化してしまうこともあります。そのため、おうちでは尻尾を化膿させない対策、傷の治りを妨げないサポートが必要です。

デグーの尻尾が切れたらどうすればいい?

あっ、デグーの尻尾が切れた!」と思ったら、まずはすぐに“砂浴びの砂をケージから撤去”します。出血部分に砂がまぶりついてしまい、傷口にバイキンが入る原因になってしまいます。新品の綺麗な砂でもおしっこを1度でもしていれば無菌とはいえませんので、傷が塞がるまでは砂浴びは我慢してもらいましょう

さらにケージの中に、いつもちょっと頑張って登っているステップがあれば、間にもうひとつステップを追加して登りやすくするなど、力を使わなくても移動できるケージのレイアウトを作りましょう

大幅に変えてしまうとデグーが混乱するので、手すりが必要ならつけるくらいの感覚で。怪我をかばって動くことで他の部分を怪我してしまう二次被害を防ぐためにも速やかに行います。

もし多頭飼いしている場合、ルームメイトが傷口を心配してかじってしまうことがあります。本人は加減がわかるので、痛くない程度に舐めて止血したりできますが、ルームメイトは別に自分が痛いわけではないのでかなり思い切り齧るんですね。喧嘩になることもありますし、衛生的にも芳しくないので、どちらかが怪我した場合はできるだけ別ケージにしてあげるのがおすすめです。

さらに、デグーの疲れ具合を見ながら、布系(ハンモック)などを清潔なものに交換。これもおしっこによる雑菌繁殖を防ぐためです。ステップを拭いたり、ケージをできる範囲で清潔にする作業を、デグーをよく休ませながらサッと行いましょう。

尾切れ・怪我の時の緊急ステップまとめ

1, 砂を撤去
2, 大変そうなステップを楽に登れるよう補強
3, ルームメイトにかじられないように隔離
4, デグーを休ませる
5, 布系アイテムを交換しつつステップなどを除菌、清潔に
6, ↑これをしながらデグーの様子を見る

速攻病院に担ぎ込むのは待った!

怪我をしたとき「とりあえず移動ケージに放り込んで速攻病院では?!」と考える飼い主さんも少なくないと思います。筆者もデグーが怪我するたびに「……病院か!?」と焦ります。

そんな時はまず「病院に行ったとして、どんな処置ができるのか」を考えてみるのがおすすめです。もちろん素人の考えですから、私たちが完全に予測することは不可能かもしれません。動物病院に電話をして「行ったらどんな処置をする可能性があるか」聞いてみるのもいいと思います。おそらくシンプルな尾切れであれば消毒と、抗生剤でしょう。
参考(アリーズ動物病院『動物別症例集・デグーの尻尾切れ』

デグーは病院に何しに行っているのか知りません。尻尾は痛えし、突然狭いところに入れて運ばれるしで踏んだり蹴ったり、とんでもない1日なわけですね。

「怪我した状態で移動する」というデグーの精神的なリスクと、病院での処置の価値を冷静に天秤にかけ、デグーの治癒力を信用して、ゆっくり休ませてあげるのもひとつの方法だと思います。

尾切れしたデグーを病院に連れて行ったほうがいい場合

とはいえ「ぜーんぶ、舐めて治せ!」というわけにはいかないのはもちろんです。病院に行かなければ適切な処置ができないほどの怪我だって当然あり得ますよね。

ここからは「デグーの尾切れで病院に連れて行った方が良いパターン」を紹介していきます。

デグーの尻尾からの出血が多い場合

デグーの怪我は、刺し傷のように深くない限り大体の場合20分程度で出血が止まります。本人が舐めて止血したり、じっと血が止まるまで安静にしたりと「怪我をした時どうしたらいいか」はデグー本人がよく知っているようです。

しかし、出血の量が明らかに多い場合や、血が止まらない場合は危険です。動物病院に電話して指示を仰ぎ、家でできる止血をして病院に行きましょう。

また、尾切れや怪我の後でやたら走り回っている場合も要注意。熱中症などの時もそうなのですが、デグーは命がやばいと感じるとパニックになって走り回ることがあります。我が家でも出産直前のデグーが痛みで走り回っていました。

ぐったりと同じくらい“暴走”は危険なのかもしれません。痛みによるショックは死因になることもあり得ます。見た目以上の怪我だと判断して病院に行きましょう。

完全に切れておらず骨折している場合

デグーの尾切れでは、毛の部分がスポンと抜けて白い骨が露出している状態によくなります。この場合、見た目はかなりびっくりするのですが、白い部分は次第に干からびてポロンと落ちるので案外そこまでの大事ではないのです。

痛々しいからといって決して手持ちの薬などはつけずに、とにかくケージを清潔にして治るまでデグーをサポートするのがベスト。

ところが脱臼や骨折の場合、時間が経つにつれ内部で炎症を起こしたり化膿をすることがあります。怪我が皮膚の下で擦れて刺激になってしまうんですね。派手にぷらぷらしている場合は病院に行くのが良いでしょう。場合によっては尻尾をカットしてもらうこともあるようです。

我が家にも尻尾の先っぽが知らないうちにちょっと折れていて、折れたままくっついちゃったデグーがいます。

傷口に不潔なものが触れていたり化膿の心配がある場合

例えば、デグーの怪我に気がつくのが遅れて、おしっこやうんち、金属のサビなどに傷が触れてしまっている場合化膿が心配ですよね。デグーの様子が落ち着いていて、移動に耐えられそうであれば動物病院に行って化膿止めや抗生剤を出してもらうのも方法です。

あと根元から尻尾が抜けてしまって傷口が大きい場合、面積が広い分、不潔なものに触れる可能性が高まりますから、病院で抗生物質を使った治療をうけることを選択肢に入れるのが良いでしょう。

多くの軽い尾切れ・怪我はデグー本人の抵抗力で治してしまいますが、デグーが高齢で免疫力が落ちていたりデグーが子供で本人が怪我の対応に困っている感じの時は病院で薬をもらうと、ケアしやすくなり安心かと思います。
高齢デグーとの過ごし方。加齢で起きるデグーの変化と寿命までの介護

デグーの怪我・病気カテゴリの最新記事