デグーの爪のアレルギー?痒み症状が出た時の対処法とアレルギー対策まとめ

デグーの爪のアレルギー?痒み症状が出た時の対処法とアレルギー対策まとめ

おうちのデグーとワァァっと遊んだ後、手にミミズ腫れが……しかもめっちゃ痒い。こんな経験のある飼い主さんは多いと思います。動物によるアレルギーは、ねこアレルギーがよく知られていますが、デグーのアレルギーってあるのでしょうか?

本記事では、デグーと遊んだ後の手のかゆみの正体について、さらにアレルギーの場合の対処法などを解説していきます

degubase筆者情報

デグーの爪あとがミミズ腫れ、かゆい!

痒い!痒いんですよねえ、デグーの爪の傷。甘噛みの箇所は反応しないけど、爪の傷は赤く膨らんで痒くなってしまう方がいると思います。筆者もそうなのですが、これはデグーそのものがアレルゲンではなく、爪の刺激による反応であることが多いです。

デグーの爪は尖っていることがありますが、そのチクチクした爪の刺激でヒスタミンという蕁麻疹を引き起こす物質が作用します。洋服のタグがチクチクしていると蕁麻疹が出る方がいたりしますが、似たようなかんじですね。

さらにデグーの爪ってあまり清潔なものではありませんから、小さい傷からバイ菌が入って炎症してしまうこともあります。ささくれのある手で泥遊びすると、バイ菌が入って膿んでしまったりしますが、引っ掻き傷以外の痛みがある場合はそれの軽い版になってしまっているかも。

通常15分程度でかゆみは引くはず

ヒスタミンの刺激によるかゆみ、赤みは一時的なもので、大体15分から1時間以内には症状が和らぎます。冷たい水で患部を洗い流したり、腫れがある場合は氷で冷やせば回復の助けになります。

抗ヒスタミン」って薬局でよく目にするワードかと思います。湿疹の薬には抗ヒスタミン系のものがあり、市販でも購入できるので「辛い!」という方は常備しておくのがおすすめです。

「デグーの爪を平坦にしたい!」

チクチクした刺激がかゆみのもとなのであれば、デグーの爪を平坦にすればいいじゃん!と気づかれた方もいるかもしれません。そうなんですよね、彫刻刀でいう三角刀の状態だから引っ掻き傷ができるのです。平刀になってくれればいいんですよね!

我が家の5匹のデグーは1匹を除いてみんな爪が尖っています。お手入れはみんなしているのですが、まともにやれているのは単頭飼いの年長デグーのみ。彼は飼い始めた時から爪を自分で短く手入れする派で、痛いと感じたことはありませんでした。

他にも「爪は鋭いんだけど、手に登るときは爪を立てないようにしよ」と、鋭くてもそれなりに気遣ってくれるデグーもいるんですね。

ところが爪が鋭くて、手に登るときに爪をピック代わりに使うデグーもいます。こういう場合は軽石でできたステップを設置したり、ホイールに爪が削れるシートを巻いたりと、飼い主側で対策してあげることでミミズ腫れを最小限に防ぐことができます。

メタルサイレント派のデグーに。掃除も簡単になるのでおすすめですが、齧るデグーもいるので注意!

メタルサイレントを清潔に使えるアイテム。ヤスリ状になっているので爪が伸びがちなデグーにもおすすめ。

使っているうちに爪が削れてくるステップ。普通のステップみたいに並行につけるより、縦型に設置して登るアイテムとして使ってもらった方がよく削れておすすめ。

ただこれも齧られやすく、たまに食べるデグーがいるので様子見て使ってみてください……!

ステップとして使っているうちに爪が削れてくれるアイテム!

アレルギーによるかゆみの時に起きること

人間に影響するアレルゲンにはたくさんの種類があります。デグーの毛や尿、フンなどがもとでアレルギーを起こしてしまう方もいます。万が一、不調の原因がアレルギーなのに「これはヒスタミンの反応で〜、カイカイカイ…」とやっている間に悪化してしまうこともありえます。

ここではアレルゲン原因の場合に起きる症状をまとめました。もし該当する症状があれば、なるべく早めに病院にかかるのがおすすめ。

  1. くしゃみ、咳、喉の痛み
  2. 目の痒み、充血、結膜炎
  3. 呼吸が苦しくなる、気道が狭くなるかんじ
  4. 発疹や水膨れなどの肌の異常

アレルギーの薬を処方してもらってデグーと快適に生活している飼い主さんもいますので、気になる症状があれば怖がらずに一度調べてもらいましょう!

デグーアレルギー?牧草アレルギー?

もし不調の原因がアレルゲンだった場合、病院で薬をもらったうえでもさらに何か対策をしたいと思うはず。そこで浮上してくるのが、牧草アレルギーという可能性なのです。

病院でアレルゲンを特定した際に「イネ」にチェックが入った方は「牧草アレルギー」と診断されることがあります。チモシーはイネ科ですからね……。一般的には動物のアレルギーよりも花粉症などの植物アレルギーの方が身近ではないでしょうか。

プラスアルファの対策でアレルギー持ちの方のデグーライフが少しでも快適になれば良いな……!

デグーアレルギーの場合の対処

デグーの毛など、動物由来のアレルゲンの場合、先に紹介した爪を平坦に整えることのほかに、遊ぶときは軍手をするなどなるべく直で触らないようにする工夫が必要です。皮膚は平気なのよね、という方はとにかく手洗い。遊んでいるうちに目が痒くなってきて、つい洗わない手でかいてしまうことがないように気をつけます。

あとは、毛の掃除を楽にするためにも部屋んぽ範囲をある程度限定すること、空気清浄機を稼働することがおすすめです。

うさぎを飼っている方に聞いた方法なのですが「部屋の中心で濡れタオルを振り回すとうさぎの毛が驚くほどとれる」んですって。ハエ取り紙みたいなかんじらしいです。換毛期にはぜひ試したい方法ですよね。

牧草アレルギーの場合の対処

かなりわかりづらい写真のなのですが、先日5キロで購入したチモシーを袋に小分けにする作業をしていた時、素手でガシガシ草を扱っていたらめっちゃ蕁麻疹が出ました。筆者はこれといったアレルギーはないのですが、あまり雑に扱うとアレルギー反応が出ることがあるんですね……。

見た目わかりづらいですが、腫れて熱を持ってしまいしばらく辛かったです。

牧草がアレルゲンの場合は、ケージ内のチモシー入れを深めの箱型にすることで草が舞うことを予防しましょう。空気清浄機の稼働はもちろん、なるべく粉塵が出ない1番刈りの牧草を食べてもらう、固形タイプの草を使うなど「とにかく舞わない工夫」が必要です。

あと牧草を触るときは軍手。筆者も次からは軍手で袋詰めしようと思います……。

デグーのオーバードーズはアレルギーのない人も注意

アレルギーは関係ないなあ」と思いながらも、ここまで読んでくださった方もいると思います。ありがとうございます。

水を差すようですが、アレルギーは後天的に、しかも突然発症することも珍しくありません。ずっと平気だったのに今年から花粉症……みたいな経験がある方も多いですよね。突然なんの話してんだというかんじですが、筆者も昔“卵かけご飯”にハマって、1日8個の生卵を食べていたところ、卵アレルギーを発症してしまったことがありました。

しばらく卵断ちをして、徐々に復活して今では過去の笑い話なのですが、あまりに過剰に摂取すると突発的にアレルギーが出ることがあるのですよね。

デグーも1匹の時は平気だったのに、数が増えたら症状が出たり。長年飼ってきた結果、アレルゲンが蓄積してある日……という可能性もあります。デグーは超可愛いですので、至近距離で接する飼い主さんがほとんど。筆者の生卵みたいにならないように、デグーの過剰摂取にはどうぞ気をつけてくださいませ。

とはいえ筆者はデグーのお腹に鼻を密着させて、思いっきり匂いを吸い込むのが大好きですw!古本みたいな匂いする!

デグーの困りごとカテゴリの最新記事