デグーの餌、なにをあげてる?食べていいものと与えてはいけないNG食材を紹介

デグーの餌、なにをあげてる?食べていいものと与えてはいけないNG食材を紹介

デグーが毎日食べるごはんは、デグーの身体を作ります。

デグーに健康に長生きしてもらうためには、飼い主による食事の管理が不可欠。デグーは人間ほど色々なものを食べることができませんが、気をつけてあげないと日々の食生活が体調不良や病気の原因になってしまうこともあるのです。

本記事では、デグーの食事について解説していきます。デグーが食べてもいいものの他に、食べてはいけないNG食材もお伝えしていきます!

degubase筆者情報

デグーは雑食じゃないですよ…!

デグーって、見るからにネズミじゃないですか。実際デグーは齧歯類だし。しかし、私たちが想像する“ネズミ”とデグーの性質はかなり違います。

ドブネズミのようなもろネズミの動物たちは、虫とか肉とか果物とか、手に入るものはわりかしなんでも食べられる雑食です。一方デグーは草食で、齧歯類の中でもチンチラとかカピバラとか「草原で草を食べている系」の動物の仲間なのです。

デグーは完全草食!

デグーは完全は草食動物!デグーは完全は草食動物!
誤植ではなく2回書きましたが、デグーは完全な草食動物です。自然界に生きるデグーは生えている草や木の葉、樹の皮などを食べて生きています。「そんなのでいいの?」って感じますが、草食動物ですから草原で草をむしっているシマウマなんかと同じですね。

デグーはやたらに表情が豊かなので、黙々と真顔でチモシーを食べる姿を見ると「え……大丈夫?あんまり美味しくない?」と心配になってしまうかもしれません。わたしはそうです。

糖分過多に気をつけて

草食動物の中には果物や野菜を食べられるものもいます。デグーも自然界では、果物の木を見つけると一目散に走っていって食べ始めるのだそうで、甘いものが大好きなんですよね。

おうちのデグーに果物や野菜をあげると、目をキラキラさせて喜びます。しかし、デグーは糖の代謝がとても苦手な生き物であると言われています。(最近ではデグーの糖代謝に関して諸説あるようですが、甘味は偏食の原因にもなるので極力控えたほうがいいと思います)。

特にドライフルーツ、スライスした生果実などは禁物で、糖尿病を発症する原因にもなってしまいます。野菜の中にはデグーの健康をサポートするものもあり、適量であれば食べさせることが推奨されているものもあります。

その場合、水分を極力排除した乾燥野菜がおすすめ。
デグーが食べられる乾燥野菜については、過去の記事を参考にしてみてください。作り方について解説していますが「食べられる野菜」のリストも載せています!

デグーが泣いて喜ぶおやつ『乾燥野菜』の作り方!家にあるものだけで作れるよ

  • デグーは完全な草食動物
  • 糖質の高い食材は糖尿病の原因になる
  • おやつに与えるのは乾燥野菜がおすすめ

デグーの毎日ごはんについて

ここからはデグーの毎日のごはんについて。我が家であげているごはんのルーティンや、専門書で言われる適正量についてお伝えしていきます。

デグーの食事量は個体によってかなり差がある印象です。チモシー派のデグーがいれば、ペレットばかり食べたがるデグーも。正解が見えず、途方に暮れているデグ飼いさんも少なくないのではないでしょうか。

牧草(チモシー)は何をどのくらいあげればいい?

デグーの主食は牧草。基本は草を水をあげておけば彼らは育ちます。牧草と言っても食用の草はたくさんの種類がありますが、日本国内でコンスタントに手に入る“チモシー”が無難です。チモシーはうさぎのごはんにも用いられていますね。

チモシーには刈り時のタイミングによって、1番刈り、2番刈り、3番刈り特別されて売られています。1番刈りは固くて栄養価が高く、3番になるとちょっと栄養価が劣るようですが柔らかくて食べやすいデグーもいます。離乳直後や高齢デグーなど、草の咀嚼が負担になりそうなデグーには3番刈りを試してみるといいかも。

牧草は、基本食べ放題スタイルがおすすめです。ケージに敷き牧草のように置いてあげるのが簡単ですが、尿がかかると食べなくなるので手頃な箱を使って仕切ってあげるのが無難。特に1日の上限は決めず減ってきたら補充、という感じで大丈夫です。

お財布が痛いので、古い草を除くのを渋りがちな飼い主心ですが、おしっこで湿った草はガンとして食べないデグーがほとんどです。おしっこ以外にも、梅雨に湿気ったチモシーはとてつもなく不人気。カビることもあるので、乾燥剤を入れてなるべく湿気を防いで保存するのがよく食べてもらうポイントです。

  • チモシーをメイン牧草として与えるのが◯
  • 1番刈り、2番刈り、3番刈りは硬さと栄養価が違う
  • アルファルファは高カロリーなのでサプリメント感覚で少量あげる

ペレットの選びかたを知りたい!

デグーにとってのペレットは補助食品の位置付けです。あくまで主食は牧草のイメージで、我が家ではチモシーベースのペレットをメインペレットにあげています。

デグーのペレットとは簡単に言えば牧草を砕いて固めたもので、原材料がチモシーの商品もあれば、マメ科のアルファルファという植物でできたペレットもあります。ちなみに主食とされるチモシーはイネ科、マメ科のアルファルファベースのペレットをメインに据えてしまうとカロリーオーバーになってしまうこともあるので要注意

ペレットの適正量について考えた記事もぜひ参考にしてください。

デグーペレットの適正量は体重の5%って信じていいの?悩める飼い主さん集合

アルファルファは草のままでも売られています。高タンパク、高カロリーなので、チモシーのように食べ放題にしてしまうのは肥満の元になるので気をつけてあげましょう。我が家ではアルファルファは弱っているデグーや出産前後のデグーによくあげていました。

デグーにおすすめのペレット6選!ベースの牧草に注目

生野菜を食べているデグーがいるけど、大丈夫?

キャベツやにんじんなど、生野菜を食べているデグーは結構見かけます。我が家では湿った食べ物が不人気なのですが、好きなデグーは好きな模様。

生野菜は毒というわけではありませんが、デグーはあまり食事から水分を摂らない動物です。

野菜から摂取した水分で下痢をしてしまうこともあるので、嗜む程度の少量にしてあげましょう。生チモシーとか、バジルとか、お庭からとって毎朝あげているおうちとか見ると、なんだか丁寧な暮らし感があって羨ましいのです……!

デグーのおすすめおやつ図鑑!我が家の市販のおやつを公開

デグーの身体に悪い!NGの餌を紹介

さてここからは、デグーにあげてはいけない餌、NG食材を紹介していきます!
彼らはノリがいいので、渡すとなんでも受け取って嬉しそうに食べてしまいます。これは、人間がしっかり管理してあげないと、かなりジャンクな食生活になってしまうことは想像に難くありませんね……!

ハムスターの餌はまじでダメ

デグーフードの代用としてハムスターの餌はOKですか」という質問、ネットでよく見かけるのですが(流石に最近は減ったけど)、まじでダメです。もしどうしても代用品を見つけたい場合は、チンチラ用のペレット

ハムスター用のフルグラみたいなフードには、種や果物がモリモリ入っていてデグーにとっては肥満や糖尿病の元になってしまいます。“フライドポテト”が原材料に書いてあるハム餌もありますので、注意注意!デグーは草食、ネズミは雑食!

デグーに食べさせてはいけないものリスト

ここではデグーに食べさせてはいけない食材をリスト形式で紹介していきます!
部屋んぽさせていると“うっかり食い”も起こりうるので、気をつけてあげましょうね……!

食材メモ
ニラ、ネギ類言わずと知れたペットNG食材!部屋んぽ中に小ネギの拾い食いトラブルも
アボカドアボカドはタネも含めてデグーにとってはNG。葉は喜んで食べますが、怖いからあげないようにしている
お米炊いてカリカリになった米も生米もよく食う!明らかに糖質高いので、部屋んぽ中は拾い食い注意。
コーヒー豆もうどう考えても苦いでしょ、と思うけど拾うと嬉々として食う!下痢が怖いので拾い食い注意
ジャガイモジャガイモも消化に不向きなNG食材。たまに輸入ペレットに入っていることがあるのであげすぎ注意
生のタンポポの葉市販の乾燥タンポポは熱処理されているけれど、道端の葉にはシュウ酸が含まれているのであげるのはNG
消しゴム最高の歯応えのようで、拾うと絶対返してくれない!歯に刺さって取り上げるのも大変!まじで注意!
人間のおやつ「これデグー好きそうだなw」って口元に持っていくと普通に食べちゃうからね!だめです。
チーズハムスターと混同してしまうパターン。動物性の食材はデグーにはNGです。
球根タネ系は食べられるものが多いけど、球根はNG
ユリ科の植物これもペットNG食材としては有名ですね
海苔これも拾うと食べるのよ!日本人しかまともに消化できないと言われている海苔は日本のデグーでもNG!
トイレットペーパーの芯(注意)かじって遊んでいるように見えて、たまに食べている子がいます。インクなど微量だけど体内に入るのも芳しくないので気をつけて見てあげましょう。

デグーの食事は健康寿命に関わります

デグーは本当にノリがいいので、飼い主から与えられたごはんをウキウキで食べます。つまり、デグーの健康は飼い主の意識に委ねられているということ。

甘いものや重たいものを食べているときのデグーは本当に嬉しそうですし、「もっとあげたい!」と思うこともあるでしょう。しかし嗜好性の高い食べ物ばかりあげてしまうと、肥満、糖尿病、偏食の原因になってしまいます。

突然、嗜好性の高いおやつを取り上げられたデグーは「なんであれがもらえないの……」と落ち込んでしまいます。「お前の血糖値のためだよ」なんて、本人に分かるはずがありませんから、かわいそうですよね。

ここは飼い主の方がグッと理性を保ち、デグーに日々バランスの良い食生活を提供してあげましょう。

デグーのごはんカテゴリの最新記事