デグーの脱毛は正常?換毛期の過ごし方と皮膚の病気のセルフチェック方法

デグーの脱毛は正常?換毛期の過ごし方と皮膚の病気のセルフチェック方法

おうちでデグーを撫でている時、ごっそり脱毛して驚いた経験はありませんか?筆者はデグーを飼い始めたばかりの頃、背中の毛がモッサっと抜けたのに驚いて、調べ、デグーにも換毛期があることを知りました。

全身が毛玉のデグーにとって、脱毛によるトラブルは珍しいことではありません。本記事ではデグーの換毛期についての情報、また脱毛が病気でないかどうかを家庭でひとまず素人チェックする方法をお伝えしていきます。

degubase筆者情報

デグーには換毛期がある

まず知っておきたいのは、季節の変わり目になるとデグーの毛は生え替わるということ。寒くなる時と暑くなる時の年2回、いつも以上に毛が抜けて生え替わる“換毛期”が訪れます。

見出しのように「お尻」や「首の付け根」に“換毛ライン”と呼ばれる線が出ることもあります。毛足が長い部分なので、抜けると目立っちゃうんでしょうね。それでもきちんと生え揃うので、心配しなくても大丈夫。

飼い主とのすれ違いでデグーが換毛できなかった話

我が家での経験なのですが、初夏のうちから「ネズミ暑いかな〜?」と冷房を入れていた年に、夏毛に換毛してくれなかったことがありました。その年の夏、デグーは冬のモコモコ毛で過ごし、残暑厳しそうにしていましたw その後、肌寒くなった10月ごろに何故かとつぜん冬毛から夏毛への換毛が始まり(毛根が限界だったのかな)、冬は五分刈りの夏毛で寒そうに過ごすというミスマッチが発生してしまいました。

デグーの室温管理は気を使わなければいけませんが、あまりに一定に保つよりも、ある程度「夏がきたよ」「冬だよ」と、季節による気温の変化を感じさせてあげるのが換毛のためには良いのかもな、と思った出来事でした。

子供のデグーは季節の換毛を確認できないことも

デグーの体毛は生後1年ほどかけて、子供の毛から大人の毛に変わっていきます。毛色や個体にもよりますが、子供の頃は柔らかい猫っ毛だったのが、やや硬めの毛にいつの間にか生え変わります。

写真は生後1ヶ月くらい、ポワポワですよね。ここから1年くらいは、先にお伝えしたようなわかりやすい季節の換毛は、確認できないことが多いです。成体の毛になるのが優先で、季節の換毛はしていないのかも?

まだ子供の体毛のデグーは温度変化に弱いので、ケージの室温管理には普段以上の注意が必要です。

  • デグーは気候に合わせて換毛する
  • 子供のデグーは毛が薄いので室温管理を丁寧に

換毛期には代謝が良くなるおやつで応援

換毛期にはデグーは見た目によらず体力を消耗しています。あんな小さな身体で、全身の毛玉を新しくしようとしているのですから当然と言えば当然ですよね。

換毛期には慣れたペレットで栄養を取り、代謝を助けるおやつで応援してあげるのがおすすめです。我が家では、亜麻仁の種を換毛期おやつとして採用しています。亜麻仁の種に含まれる“オメガ3”は、炎症を抑えたり免疫力を高めるのを助けてくれます。「なんか毛並み悪いな」って時にもおすすめ。

亜麻仁の種に含まれるオメガ3は身体の炎症、神経の維持に効果的!我が家の老デグの友!

デグーの脱毛チェックポイント

もちろんデグーの脱毛がすべて季節性の換毛とは限りません。可愛い毛玉たちの脱毛が、病的でないか判断するのは最初のうちは結構難しいと思います。飼って数年すると、個体の特徴もわかってくるので判断しやすくなるのですけれどね……。

病気による脱毛の場合、早期に治療を始めることが大切です。おうちでできる判断ポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。「おかしいな」と思ったら、早めに病院に行ってくださいね……!

どこの毛が抜けている?

デグーの毛が抜けるときに、換毛期の場合は下半身の毛が抜けるのが目立ちます。背中を撫でるとごそっと抜けたり。しかし何遍なく抜けるのが普通で、換毛期で地肌が大きく見えるほど脱毛することはまずありません。

寄生虫や真菌が原因の場合「感染がひどい部分が著しくハゲ、そこから脱毛が全身に拡がっていく」という特徴が見られます。一点を中心にしてハゲが拡がっている場合は、まず皮膚病を疑った方がいいかもしれません。

真菌症はデグー同士で感染するので、早めの対処が急務。人にうつる例もあるとのこと。怖い……。

皮膚の状態はどうなっている?

デグーの脱毛を見つけたら、地肌のチェックをしてあげましょう。赤みがあったり、かさぶたのように皮膚が硬くなっている時には、炎症を起こしている可能性があります。きっかけはただの換毛期でも、炎症を起こしてしまうと治療が必要なので、皮膚の状態はこまめにチェックしてあげるのが大切です。

たまに抜けた毛の付け根にフケがついていることがありますが、単なる換毛期の場合にもフケが出ることがあります。我が家では、特に老デグーに換毛フケがよく見られるなあ、という印象。乾燥だったり栄養の影響で、皮膚のターンオーバーがうまくいっていない時にはフケが出やすいので、おやつや加湿に気を使い、そっと応援してあげるのがおすすめです。

デグーは痒がっている?痛がっている?

一番判断基準にしやすいのが「本人の様子」かもしれませんね。しきりに脱毛部分をカイカイしていたり、触りたいけど痛くて触れない、みたいな仕草が見えたら要注意。真菌などの皮膚病はもちろん、換毛をこじらせての炎症でも、痛みかゆみの症状が見られたらスムーズに病院に連れて行ったほうが早く治ります。

「抜けてるなあ」と飼い主が思っても、本人が全く気にしていない場合、病気の可能性はあまり高くないのですよね(我が家の場合)。

ちょっと怖いのが、捻挫などの骨の異常や腫瘍など「身体の中の違和感が気になって、その部分の毛を毟ってしまっている」パターン。舐めたり噛み噛みで治そうとして、毛に影響が出てしまっている場合ですね。そういうこともあるので、本人の様子は一番注意深く見てあげるのがいいと思います。

  • 毛が抜ける部位は不自然でないか?
  • 脱毛部分の皮膚は炎症していないか?
  • デグー本人は脱毛部分を気にしているか?

病気でも換毛期でもない脱毛あるある

さてデグーの脱毛について、換毛期の場合と病気の場合の2つのパターンを見てきました。中にはそのいずれにも該当しない脱毛も存在します。最後にちょっとお伝えしていきますね。

自分で毟ったり同室デグーに毟られたり

よくあるのが、自分の手の甲の毛を毟ってしまうパターン。ストレスが原因と言われていますが、わりとよく見かけます。単純にクセになっている場合もあるかもしれませんね。炎症や誤飲に気をつけて、なるべくストレスの要因を排除してあげるのが対処法。腕まくりしているみたいで可愛いですが、地肌が痛々しくも見えるので飼い主さん的には、やめてもらいたいですよね……。

多頭飼いしている場合は毛繕いの延長(?)なのか、相手の毛を毟ってしまうこともあります。毟っているほうが「楽しくなっちゃってる」ことが多く、やられているデグーは結構しんどそう。ストレス過多はデグーの健康に影響を及ぼすこともありますから、おもちゃをケージに入れて気を逸らしたり、部屋ンポの機会を増やしてストレスを軽減したり、あの手この手で同室デグーの体毛から興味を逸らす工夫をする必要が出てきます。

デグーのパワーバランスが崩れてしまって明らかに不仲な場合は、速やかにケージを分けてあげるという判断も必要です。

ケージかじかじで第3の目が出現

これですね。「うわ、ずっとこのままだったらどうしよう」って不安になりますよねw 特に子供のうちは、ケージかじりは楽しいわ、体毛は薄いわで第3の目が出現してしまうことがあります。この場合も、擦れて炎症を起こしていたり、本人が痛がっていなければ見守っていて大丈夫。

「ケージ齧ると鼻の毛ハゲて損やわ」と本人が気づく日まで、優しく守ってあげてください。

デグーの困りごとカテゴリの最新記事