高齢デグーとの過ごし方。加齢で起きるデグーの変化と寿命までの介護

高齢デグーとの過ごし方。加齢で起きるデグーの変化と寿命までの介護

今回は、高齢デグーとの生活や加齢による変化について書いていきたいと思います。

我が家の始祖デグーが6歳を迎え(2021年)デグーの加齢を近くで見てきた筆者、最近は「いつか介護が必要になるのかな」なんて不安も頭をもたげます。これから7歳、8歳と老いていくデグーとどう過ごしていこうか、予習のためにも書いていこうと思います。

本記事では、加齢することで起きるデグーの体の変化、寿命までの過ごし方についてまとめてみました。

degubase筆者情報

デグーの寿命は5〜8年

デグーの寿命は平均して5〜8年。近年では日本でも飼育方法が広く知られ始めたことから、もっと長生きするデグーも増えてきています。ちなみにギネス最長記録で“14歳のデグー”というのが登録されていますよ!夢がありますよねえ。

ざっくりと、デグーの1年が人間の10年と考えてあげると老化のスピードが想像しやすいと思います。3歳のデグーなら人間で言うと大体30歳くらい、5歳なら50歳……というような感じです。

デグーにはアグーチ(ノーマルカラー)、ブルー(グレーっぽい)、パイド(白毛混じり)などの毛色パターンがあります。最近ではサンド(チキンナゲットみたいな色!)、ブラックなど新色のデグーもペットショップに並ぶようになりました。

毛色によって平均寿命が異なるという確証はありませんが、アグーチカラーのデグーがより野生に近く健康なのでは?と言われることもあります。

デグーの寿命はどのくらい?長生きしてもらうために大切なポイントまとめ

デグーの高齢期は何歳から?

「デグーは具体的に何歳から高齢期に入るのか」という疑問ですが、人間と同じようなタイミングを想像するとわかりやすいと思います。3歳(人でいう30歳)くらいからなんとなく脂肪がつきやすくなってきて、4歳(人でいう40歳)くらいから運動量が減ってくる……、と言う感じ。

もちろん個体差はありますが、2〜3歳のティーン期を過ぎたら、緩〜く老化が始まるものと考えておくのが良いでしょう。

あまり色々できるうちから過保護にするのもよくないですが、餌を食べやすい状態にしてあげたり、ケージ内を動きやすくしてあげたり、デグーの年齢や調子にあわせて環境を整えてあげる必要があります。

高齢デグーの体には何が起きる?

ここからは、デグーの成長とともにどんな加齢現象が起きてくるのかを紹介していきます。

我が家の6歳デグーも、例に漏れず3歳半あたりからおっさんぽくなってきました。筆者が今までに調べたことと育てながらの経験、どちらも交えながらデグーの歳のとり方のことを書いていこうと思います!

デグーの30代(3〜4歳)

「外出たい出たい!」「なんだこれ!!」の子供時代を経て、落ち着いてくるのが3〜4歳。もちろん個体差もあると思いますが、あれだけ強欲で活発だった彼がなんだか急に「スン」と悟り出した年齢です。

この頃になると身体の成長はすでに終わっているので、子供時代と同じような勢いでカロリーや糖質、脂質をを取りすぎると栄養過多で糖尿病になる可能性もあります。「30過ぎたら腹八分目」、人間も一緒ですよね……。

生後1年くらいから安定していた歯の状態がここにきて傷み、変化してくるデグーもいます。歯の伸び方や呼吸音などにも気をつけたい意外と大事な時期。

デグーペレットの適正量は体重の5%って信じていいの?悩める飼い主さん集合

デグーの40代(4〜5歳)

そろそろわかりやすい“老化”がみられるようになるのが、4〜5歳。動き回る時間が短くなり、寝る時間が増える傾向にあります。メスデグーはそろそろ妊娠するのが体力的に大変になってきます。命に関わることもあるので、この年齢になったら繁殖させるのは避けてあげるのがベターです。

4〜5歳って、まだ毛並みがツヤツヤしていて老化って感じがしないのですよね。動きが鈍くなったからといって、どこか病気とは限らず「普通に歳をとった」という可能性もあります。便の状態や呼吸音、食欲などから健康状態を総合的に判断してあげると、通院でデグーに無理なストレスをかけ過ぎることも減るのでは、と思います。

単頭飼いの場合特にですが、この頃になると運動量が減ってくるので、高カロリーのおやつは少しずつ控えめにしてあげるのがおすすめの年齢なのです。

いきなり「歳だからもう麦のおやつ無し!」ではなくて、なんとなく最近おやつ減ってきたな〜を長期スパンでやってあげると、本人も慣れて諦めてくれますw


デグーのおすすめおやつ図鑑!我が家の市販のおやつを公開

デグーの老年期(5歳〜)

ベタ慣れデグー

5〜6歳くらいになると、わかりやすく老年期の雰囲気を醸し出してきます。硬いペレットを渋るようになったり(歯がそこまで元気じゃないんですね)、足で体重を支えきれなくてコロンと後ろに転ぶことも。

アクロバティックな動きが困難になってきますから、ケージ内にステップを増やしてあげるのがおすすめです。といっても、あまりにもステップだらけにしてしまうと今度は動く場所がなくなるという問題点も。

老年期のデグーの足腰をサポートするのは大切なのですが、あまりにやってしまうと今度は運動不足の助長になってしまいます。

ケージにステップを増やすときには、“大きくジャンプしなくても渡っていけば上までいける”くらいの感覚で取り付けてあげて、「何に使うかわからない」踊り場ステップができないようにしてあげるのがポイントです。

また見た目にはわかりづらいのですが、聴覚・嗅覚も衰えてきています。すると不安からか寂しがりやになるように感じます。我が家のデグーも4歳くらいの頃「肉球噛み」をするようになった時期がありました。なるべく時間を決めて構ってあげるようにすると、ストレスによる毛毟りなどを和らげてあげられるのでおすすめです。

デグーを介護する日が来るかも

6歳も半ばですが、これまで体の不調もなく毎日元気な我が家の始祖デグー。「ある日、コロっと」が理想だよね、なんて言いながらいつか介護が必要になることもあるのかな、と思います。

高齢デグーを介護した経験のある飼い主さん、最近よく耳にするようになりました。これから経験することなので、とても勉強させていただいています。日本にデグーがペットとして上陸したくらいのタイミングで飼い始めた方が、ここ数年でちょうど看取りの時期に当たるのでしょうね。

実は我が家、デグーを一度も病院に連れて行ったことがないのです。現在家には5匹の成体デグーがひしめいていますが、ちょっとの傷なら長めに寝て治してもらい、うんちが小さいなと思ったら粗食にしてオオバコをおやつにあげたりすると元通りになるんですね……。みんなピンピンしていて健康診断、というのもしたことがなくて、基本家で毎日のんびり過ごしてくれや、というスタンスでして……。

「いつか慌ててこいつを毛布に包んで、病院とか行ったりするんだろうか」って、最近デグーの老後のことばっかり考えているのですよ。

食欲がなくなったらどうする

デグーの食欲は加齢とともに徐々に落ちていきます。チモシーが好きなデグーは、いけるところまでチモシーを食べてもらいましょう。固い1番狩りを渋るようになってきたら3番狩りなどの柔らかいチモシーを試してあげるのがおすすめ。

“ものすごく食いつきがいいチモシー”というのが存在していて、メーカーによってはやってられないくらい高価だったりします。

ペレットは“ひかりデグデグ”などの固いものが苦手になってくることも。無理になったらお湯などで柔らかくふやかして与える方法が一般的ですが「湿ったものが嫌い」なデグーには砕いたペレットをあげるという方法もあります。

我が家の6歳はまだペレットを余裕で食べられますが、たまに練習で粉ペレットを食べさせる(舐めさせる?)ことがあります。

  • チモシーは柔らかい3番狩りまで試す。アルファルファも混ぜたり
  • ペレットが食べられなくなった時のために柔らかいものを食べる練習をする


ちなみにこれが我が家の神草です。チモシー嫌いの6歳も、生後半年のデグも誰一人文句を言わずもりもり食べてくれるので、本当に助かります。

甘やかせすぎてチモシー偏食になってしまった我が家の始祖デグーがモリモリ食べてくれる神チモシー!

その前はこれをあげてたんですよ。すっごい食いつきが良かったんですが、価格的に続けられず「みんなごめん」って感じでした。たまに高くて美味しいチモシーをあげる、だと、どうしても美味しい草のことが忘れられないみたいで可哀想だったので、上の神草を見つけてからは2度と買わず、記憶から抹消してもらいましたw

高級チモシー、食いつき抜群!ほぼ必ずおまけのおやつがついてきます。セール時にまとめ買いがおすすめ!

便が細くなったらどうする

うんちはその日の体調によって細くなることが度々あります。高齢デグーでなくてもあまりに細いうんちが長期間続くようであれば、腸などに腫瘍ができて圧迫している可能性もあるので病院にGO。

例の弾けそうなテリテリうんちを出す頻度は、高齢になるにつれ下がってくるなあという感じです。オオバコの葉には葉には便に照りを持たせる効能があるので、おやつに与えてあげると良いでしょう。何かの拍子で腸が詰まると大変ですから、便通はよくみてあげるのがおすすめなのです。

  • 細便がずっと続くようなら病院へ
  • オオバコをおやつにあげるとうんちが滑りよく出てくることも

給水ボトルが使えなくなったらどうする(まじで)

「高齢のデグーは給水ボトルが使えなくなる」。これは我が家で一番危惧されている状況なのです。水気を含ませたエサを定期的にシリンジで与え、そこから水分をとってもらうことになるので、つまり……“要介護”。8歳以降のデグーによく見られるように感じます。

加齢から下痢症を起こして、急に水が飲めなくなるということもあるようです。

まずはデグーが届く位置に給水ボトルがあるかを確認します。後ろ足で経つのが億劫になってくる高齢デグーは多く、飲み辛いことから便が硬くなる、という状態になることも。「どのくらいまで立ち上がれるのか」を定期的に見てあげて、ひとまず給水ボトルを使いやすい位置に保ちましょう。

  • まずは給水機の位置を確認
  • 練り餌や流動食から水分を取るようにする


シリンジから“ベジサポ”飲んでるデグーちゃん増えてきましたよね。水気のあるものは多分食べてくれないと思い込んでいましたが、これ美味しいらしく、自ら進んで食べにいく子もいるそうで、元気なうちに我が家でも試してみようと予定しています!

白内障になったらどうする

白内障といえばデグーの糖尿病の症状の一つと考えられますが、高齢になると糖尿病でなくても白内障を発症するデグーはいます。瞳の中心が白くなることで気がつく場合が多く、視力の回復は望めません。

白内障になっても耳や鼻、ヒゲを使って意外と不自由なく生活しているデグーが多い印象ですが、ケージ内のレイアウトを頻繁に変えるのは避けてあげるのが無難です。

白内障でなくても高齢期に入って、なんとなく足腰が不自由になってきたらケージのレイアウトは固定してあげるのがおすすめです。彼らは「ここに足場がある」と信じて飛ぶので、思わぬ怪我の原因になることもあります。あとは「頑張って飛んで無理だった」とか。腰や頭から落ちると大変なので、3歳以降のレイアウト変更は細心の注意が必要です。

  • 糖尿病でなくても高齢による白内障は起きる
  • ケージのレイアウトは派手に変えず怪我を防ぐ工夫をする

怪我をしやすくなったらどうする

高齢デグーは怪我をしやすいという特徴もあります。1〜2歳くらいの頃はこのくらいケロッとしていたのに、3歳過ぎると足を挫きやすくなったり。特に太ってしまったデグーは、股関節が不思議な方向に広がります(経験談)。

加齢から後ろ足の収まりが悪そうにしはじめたら、ケージの出入りやケージ内の昇降に無理がないか確認してあげましょう。ケージから出すときは手に乗せてあげるとか(我が家では手に乗らないので100均のまな板ですw)、階段やゆるい坂を作ってあげたり工夫します。

運動不足は避けたいですが、かといって無理な動きは癖になって怪我につながります。見極めが難しいポイントですね……。

  • 無理な動きと運動不足の見極めを頑張る
  • 1〜2歳の頃よりは身体能力が落ちていることを心得る

いつか来るデグーの最期を看取る日

我が家でもあと2〜3年以内には始祖デグーを看取る日が来ます。彼が体調を崩せば、病院そして介護ということになるのですが、筆者個人的にはデグーのメンタルケアを重視したいなと考えています。

病院では注射や流動食の処方、そのほかにも酸素吸入など多くの処置をしてもらえます。頑張って闘病して、元気になっていくデグーをSNSなどで見ると「すげー!よかったねえ!」と心から思います。

家で6歳の老デグーをみていると、自然界ではデグーの寿命が2年程度と言われていることを思い出します。天敵に常に狙われ、飼い主による栄養管理が無い状況での2年。これで野生のデグーは「ヒュー!全うしたー!」って亡くなっていくわけですよね。

5年以上生きた飼いデグーって、自然界から見れば長老だな、と。うまく言えないのですが、我が家の6歳デグーがもし下痢症になったら、とりあえず抱っことエンドレス撫で撫でだなと思います。結果的に期間が短くなったとしても、最後まで“楽しかった1日”が多い看取りをしたいな、と考えているこの頃なのです。

デグーが亡くなったらどう供養する?遺灰・遺骨の扱いなどペット葬儀についてまとめ

デグーのデグ生カテゴリの最新記事