デグーの砂浴び疑問解決!ボトル何使ってる?砂は常設していいの?

デグーの砂浴び疑問解決!ボトル何使ってる?砂は常設していいの?

梅雨の時期や換毛期、デグーのお世話の中でも特に大切なのが「砂浴び」。「へぇ、デグーって砂浴びするんだ〜」というビギナーさんから、砂浴びの酸いも甘いも噛み分けたデグ飼いさんにまでタメになるように、デグーの浴び砂のおすすめ商品、意外と悩む容器の問題などなど……。

本記事ではデグーの砂浴びについての情報をまとめていきたいと思います!

degubase筆者情報

デグーのお風呂は“砂浴び”!

まず基本的なことですが、デグーは砂浴びで体の汚れを落とします。デグーには皮脂腺がないので汗が出ません。そのため、毛の生え際の皮脂や汚れに届くように体に砂を擦り付けて汚れを落とします。

砂浴びはデグーにとってお風呂の代わりになるのはもちろん、ストレス解消の役目もあるのです。確かに新しい砂で砂浴びしているデグーの顔は、さながら水風呂に飛び込んだおっさんのような恍惚の表情。

さらに、多頭飼いの場合ですが、仲間同士で同じ砂を使って砂浴びすることで、匂いを共有するという役割もあるのだとか。仲間の匂いで安心できるのですね……。

【決定版】デグーの飼育に必要なものまとめ|デグー初心者に捧ぐ!

デグーに水をかけるのはNG!皮膚病の原因に

デグーと同じエキゾチックアニマルには、フェレットとかハリネズミとかがいるじゃないですか。よくSNSで見かける、彼らのお風呂シーン!洗面所に水をためてペット用ボディーソープで泡泡している姿、はっきり言って憧れますよね。

ただ、デグーは体を水で濡らすことがとても苦手。体温調節がうまくできないので体が冷えてしまったり、毛の根元がうまく乾かずにカビや水虫が発生してしまうこともあるのです……!カビはかなり怖い……!

例えば、トラブルで油分のある汚れがついてしまったりした時にも、デグーに水をかけるのはNG。そんな時は、デグーに片栗粉と少しふりかけて(!)オリーブオイルを馴染ませた手で揉み込むようにする方法が推奨されています。なんだか肉の下味みたいで、気まずいですね。

我が家でも食卓に上がってきたデグーが、尻尾に醤油をつけてケージに帰っていったことがありました。デグーとの距離が近くなるとこんな事故も起きやすくなるので、気をつけたいところ。

砂浴びしてくれないデグーもいる?

デグーが砂浴びしてくれなくて衛生面が心配」という悩みを持つデグ飼いさんもいる様子。デグーにとってストレス解消法でもある砂浴びは、基本的には心地いいものであるはずなのですが、中には砂浴びそのものが壊滅的に下手な子もいたりします。くるん、と裏っ返るのが苦手でお腹だけをダバダバさせていたり。

上手にできないから砂に興味がなくなっているな、と思うデグーも我が家にちらほら。特に生後1年以内の新人デグーは、砂浴びが下手な傾向にあります。だんだん砂浴びが上手になっていく姿を見るのも楽しいですが、砂浴びに慣れるまでのしばらくの間は唾くさいボディー。それはそれで愛らしくて良しですが、ケージをこまめに掃除して、必要以上に体が汚れないようにしてあげるのが良いでしょう。

あとは、砂の粒が細かすぎて目や鼻に入ってしまっていたり、容器の大きさや形が合わなくてもデグーは砂浴びをしなくなることもあるのです。

次の章では、我が家でたどり着いたベストな砂浴び環境について書いていきます。

デグーの砂浴びボトルを見てみよう

小動物の砂浴び用」としてペット用品店ではガラス製のボトルが販売されています。そこまで種類も多くなく、デグーが入れるサイズとなると3〜4商品くらい。

一番よく使われている印象なのが、SANKOの砂浴びボトル。木製ステージのようにケージに取り付けることができて、入り口が狭く、深くなっているので砂の飛び散りも最小限。ただ、デカいデグーだと突っかかってしまうというデメリットもあったりします。

ケージに取り付けることができます。入り口が狭く、底が深く砂の飛び散りが最小限!

ケージには入りませんが、部屋んぽ中の砂浴び派のデグーのために、同じSANKOからちょっと大きめの砂浴びボトルも出ています。デグーが体を伸ばしてのびのび入れるサイズなので、くるんが苦手なデグーにもおすすめ

砂浴びは部屋んぽ派のデグーのために。デグーが体を伸ばしてのびのび入れるサイズ。くるんが苦手なデグーにおすすめ。

いや市販、高っか……

さすが、デグー用というだけあってサイズ感もぴったりに作られているのですが……。ねえ、高くないですか……?

最初に紹介したステージ付きなんて、木製ですから消耗品ですよ。ウチ、めちゃくちゃステージ齧るんです。

「サンコー デグー砂浴びボトル」の替えパーツ。齧りまくっちゃうデグーのために常備しておくと良いですよ!

こんなふうに木製パーツだけ別売りしてくれているんですが、いや、ありがとうなんですが、それでも高くないですか……?

あとこんなお洒落な容器もありました。“エステドラム”。

砂浴び用エステドラム。「太鼓鉢」「キャンディボトル」「猫瓶」という名前で検索しても色々見つかりますよ!

球体だから体を擦り付けやすいし、入り口も狭くて砂が飛びにくく完璧。

これって100均の「キャンディボトル」みたい!

それでね、じゃあ筆者の家こんな素敵な容器使ってるの?って思うじゃないですか。使っていないんですよ。憧れではあるんですけどね。

「いつか猫足のバスタブ使いてえな……」みたいな感じで、実際に我が家で使っているのは、100均のキャンディーボトルです……!筆者は数年前にダイソーにて300円で購入しましたが、最近は見かけません。もっとたくさん買っておけばよかった……。

セリアやキャン・ドゥで最近購入している人もいる様子なので、たまにキッチン用品の容器のコーナーをチェックすると出会えるかもしれません。

駄菓子屋のあれにも似てますよね。

「お菓子が家にいっぱいあってもいいよ」という方は、ヤオキンで駄菓子ごと購入してみるのも楽しいかも。あと、これ「猫瓶」って言うんですって。検索するとデグー用品よりも安く買えるところもあるし、筆者はメルカリで猫瓶を検索してお安く2つゲットしました!

デグーの砂浴びの頻度はどのくらい?

デグーの砂浴び頻度として推奨されているのは週2〜3回。「お風呂の代わりなんだから毎日じゃないの?」という気持ちにもなりますが、衛生的には十分なようです。

砂の交換は週1回。決まりでもあるのかと思うほど、ほぼ必ず砂の中でウンチをしますから、その度に取り除いてあげると砂が長持ちします。

デグーの気が向いた時にいつでも砂浴びできるのが理想

我が家ではケージの中には前述したキャンディボトルと、さらに部屋んぽ用の大浴場として外にも砂浴び場所を作っています。

「おしっこがお尻についちゃったな……」とマーキングのたびに砂に入るデグーや、おやつを食べながら砂浴びしたい派のデグーもいたりして……。なるべくデグーのタイミングで砂に入れるようにすると衛生的なのかな、と思っています。

部屋んぽ用の大浴場には「米びつ」がおすすめ!

部屋んぽ用として先ほど紹介した大きめの砂浴びボトル。何かに見えませんか……。

ウチでは100均の米びつを部屋んぽ用ボトルとして使っています!これ、いいですよ。米びつだから滅多に欠品もしないし、じゃぶじゃぶ洗えるし。砂浴び中にパタン、って蓋を閉めて強制部屋んぽ終了のワナにも使っています……。

デグーは部屋んぽさせるべき?手作りサークルと保護シートでトラブル解決!

デグーのおすすめ浴び砂は?

砂浴びするペットってデグーだけではないので、結構浴び砂の商品展開は豊富。

ただ、ハムスター用などのデグーより小さい生き物のための浴び砂は、砂が細かすぎて粉塵が上がってしまうことも。デグーもプシプシくしゃみが出るし、飼い主の掃除も地獄なので、「デグー用」と銘打ったものからピックアップするのが良いでしょう。

ハムスターサンドとか、かなりコスパいいんですけどね……!砂浴びの動きが静かな子にはなんとか使えるかも。

匂いが気になるデグーには、こんな消臭効果の高い浴び砂もいいかもしれません「ZERO」。ただ、尿が極端に臭いとかの場合は、抑えるよりも先に病院ですよね。デグーの尿って食べ物によって結構匂いや色が変わるので、この辺は見極めるのが難しい……!

消臭効果の高い浴び砂。匂いが気になるデグーにおすすめ!

あと、一度使用してびっくりしたのがこの「国産 デグーの浴び砂」。ゼオライトが主成分なのですが、食っちゃうw 我が家のデグー、5匹とも食べていました。SNSをみると、他のうちの子も食べちゃっている様子。

ゼオライト入りでデグーのお毛毛がふわふわに。食べちゃうデグーには注意!

猫砂のゼオライトなんかも猫が食べたりするらしく、直ちに健康に害が出るものではなさそうですが、食用ではないわけですからちょっと避けたいですよね。見ていてなんだかハラハラしますし……。ゼオライトで砂浴びするとデグーがふわふわになるそうで、とっても期待していたのですが、食べちゃうならしょうがない……!筆者は諦めてガーデニングに使ってます!

結局、三晃商会 SANKO デグーサンド

結局、今のところ一番使えるのはSANKOの「デグーサンド」じゃないかと思います。みんなこれですよね。

デグー用のバスサンド。やや砂が大きめなので、ハムスター用と混ぜて使う飼い主さんも。

チンチラサンドとブレンドするおうち多数!

ただ、デグーサンド。砂が大粒で「耳の中とかの汚れ落ちがアマイ」という意見も。汚れが気になる方の多くは、このデグーサンドと「チンチラサンド」を混ぜて使っているそうです。ぶっちゃけ筆者は全然気にならなかったのですが、試しに使ってみたところ確かにデグーの匂いが軽減しました。

チンチラサンドはデグーサンドに比べて砂が細かく、これを単体で使用すると粉塵がエラいことに

デグーサンドより細かい砂で混ぜて使うと汚れ落ちが良くなります。単体で使うと粉塵がハンパないw

チンチラサンドは尿を固める性質もあるので、混ぜて使うと砂浴びボトルのお手入れがちょっと楽になるのも嬉しいポイント。筆者、普段は気にならないのですが、やっぱり梅雨の時期「デグー湿ってるな」と思うことがあります。

砂浴びのクオリティが気になる方は、ぜひチンチラサンドを混ぜてみてはいかがでしょうか……(^^)

デグーの困りごとカテゴリの最新記事