デグーペレット10種類を徹底比較!基本の選び方も解説!

デグーペレット10種類を徹底比較!基本の選び方も解説!

みなさん、おうちのかわいいデグーに、どんなペレットをあげていますか?

本記事では、数あるデグーペレットの中で適切なものを選ぶ方法、飽きさせないあげ方をご紹介。デグーペレット10種類の成分、価格の比較もガッツリ解説していきます!

degubase筆者情報

増え始めた「デグー専用フード」

一昔前、飼い主がデグーを飼い始めた頃、国内で買えるデグーペレットは5種類くらいでした。しかし近年、デグーがペットとして普及するにつれ、ペレットもいろいろ登場しはじめて……。良さそうなものから、ヤバそうなものまで様々。

「デグーにはこれでOK!!」みたいな商品でも、きちんと成分を確認するのがおすすめです。特に、ベースが「チモシー」なのか「アルファルファ」なのかは結構重要

デグーの主食はチモシー。イネ科の植物です。これまで、ペレットのベースといえばチモシー!だったのですが、最近ではアルファルファベースのペレットも増えています。アルファルファとは、食欲不振や成長期のデグーに与えるマメ科の植物。嗜好性が高くて食いつきがいいけど、高カロリーなんですよね!糖質、脂質に弱々なデグー、この辺は気をつけてあげたいところ。

「アルファルファベースのチモシーは悪!NG!」というわけではなく、デグーの主食であるチモシーをメインに、上手におやつペレットとして取り入れたい感じ。妊娠中や、老年期など「食事回数は増やさず、効率よく栄養を取りたい」という時にも、アルファルファベースのペレットはおすすめです。

デグーペレットは2種類以上をローテがおすすめ

「気に入ってくれたみたいだな」と、ひとつの種類のペレットをあげ続けていると、デグーがグレてペレットを食べなくなることがあります。草食で粗食という割には、結構グルメなのがデグー。糖尿病になりやすいのにグルメって、すっごい切ないですよね。

我が家では、デグーにあげるペレットを2〜3種類、常備するようにしています。使われているベースの牧草を加味しつつ、バランスよく、ランダムに……。ポイントは飽きさせないことです。

デグーに喝!“食べないペレット”捨てる前に試しておきたいテクニック集

デグーの食事は意外とルールが多い!

デグーペレット11種類を比較する前に、デグーの食事の基本ルールをシャシャっとおさらいしていきましょう!

ごはんが生き甲斐なのに、意外と制約が多いデグーの食事。無心でチモシーを貪る姿を見て、目頭が熱くなったことのある飼い主は、筆者だけじゃないはず。

糖質・脂質オフが基本!

基本中の基本、糖質!デグーは糖分の分解が苦手で、糖尿病になりやすいと言われています。近年、「もしかして糖を分解できるかもしれん〜」という研究結果もあるようですが、やはり、あげすぎは禁物。なるべく自然界に近い食事かつ、ペレットでは必要な栄養を補佐してあげるスタイルが健康的。

脂質も、肥満の原因になり、肥満は運動不足を呼び、そして病気を呼び……。例えば、ハムスターの餌感のある「人が食ってもウマそうなペレット」は、メインに据えないのが無難です。

補ってあげたいビタミンとミネラル

「自然に近い生活をさせる」のであれば、必要ないんじゃない?と思う、ビタミン、ミネラルなどの添加物。

デグーの自然界での寿命は1年程度と短いもの。飼いデグーの寿命は、5年〜8年と言われていますよね。「健康寿命」を意識するのであれば、日々失われていく栄養素はぜひ補給したいところです。

ビタミン(主にC)、ミネラル類が添加されているペレットが多数ですが、最近はコエンザイムQ10やプロポリスの配合をウリにしているペレットも。なんだか迷ってしまいますが、基本的には、ビタミンCとミネラルなんかが入っていると「いいじゃん」という感じです。

食物繊維・乳酸菌で腸内環境をキープ!

デグーのような小動物を飼うにあたり、気をつけたいのが「腸のトラブル」。小さい体の彼ら、下痢になれば脱水症状、便秘になれば腸詰まりと、いずれも命に関わります。

なんともない日頃から、ウンチのことを考えるのは結構大切。チモシーには言わずもがな食物繊維がたっぷり含まれていますし、ペレットに配合されている場合も。食物繊維はあまりにも摂取が多すぎると便秘の元になるので、調整してあげましょう。

おすすめなのは、乳酸菌が入ったペレット。おやつがわりにたまにあげることで、腸ケアしてあげるとデグーもハッピーです。

デグーペレット10種類を比較!

さて続いて、現在ネットで購入可能なデグーペレットを10商品ピックアップ。後ほど個別に紹介していきたいと思います!まずは、一覧表にまとめてみましたよ……!

ひと目でわかるデグーペレット一覧表

商品名 メーカー ベースの牧草 糖分 内容量 100gあたりの価格
ウェルバランス 三晃商会 チモシー オリゴ糖 400g 131円
本体価格(525円)
デグープラス 三晃商会 チモシー 食物繊維状多糖類 600g 122円(734円)
Fラボデグー専用フード 日本配合飼料 チモシー
アルファルファ
オリゴ糖 400g 335円(1,343円)
デグーセレクション イースター チモシー
アルファルファ
ステビア抽出物(甘味料) 400g 196円(784円)
デグーテイストプラス ナチュラルペットフーズ チモシー
アルファルファ
ぶどう
パパイヤ
りんご
220g 220円(484円)
ひかりデグデグ キョーリン アルファルファ 不使用 400g 165円(663円)
デグープレミアムフード シンバイオティクスブレンド ジェックス アルファルファ 不使用 500g 238円(1,194円)
大地の恵み La Terra デグーフード コジマ アルファルファ オリゴ糖
(表記は不使用)
400g 269円(1,078円)
medimal デグーフード メディマル チモシー
アルファルファ
オリゴ糖 500g

314円(1,573円)

vitapol プレミアム デグーのための総合栄養食
生きた幼虫が入っていた、偏食になり体重が急減したなど、評判が良くない商品ですので本サイトでは紹介を控えることにしました…!
ペッズイシバシ アルファルファ カボチャ
ドライポテト
750g 230円(1,726円)
チモシーのきわみ ハイペット チモシー 糟糖類
にんじん
400g 330円(1,320円)

※価格の()内は、本体価格。楽天での価格を参考にしました。

気になる糖質ですが、さすがにデグー専用ペレットでゴリゴリに砂糖が使われているものはない様子。ただ、あまりにカラフルなフルグラっぽいペレットは要注意。フルーツや芋など(!)がドライ状態で入っている場合があり、それらがグッと糖質を上げています。

オリゴ糖は糖分ではありますが、お腹の健康をサポートする役割があります。ヨーグルトとかにも入っていますよね。

あとは、ベースの牧草。アルファルファベースのペレットの食いつきは圧倒的にいいはずです。美味しいから。ただ、グッと堪えてチモシーベースをメインのペレットに、アルファルファベースはプレミアペレットに据えるのがおすすめなのです。偏食防止!

続いて、個別の紹介をしていきますね!

【ウェルバランス】

見た目に反して、結構健康志向なペレット。ベースのペレットはチモシーの他に、オーチャードグラス、イングリッシュライグラス、スムースメドーグラスなどの野草で作られています。時折カボチャやビーツがまるっと入っているので、バランスを見つつあげるのがおすすめ。

高カロリーな穀物は使わないようにしてくれているようです。「これひとつで偏食防止できるように色々入れてます」ということで、偏食をしはじめてしまったデグーに試してみると良いかも。ただ、体調不良の時用に、もうひとつくらい消化に良い柔らかめ、原材料がシンプルなペレット(デグープラスとか)を常備しておきたいところ。

めっちゃ食べ物の匂いがします。

ハッピーな乾燥野菜と健康志向のペレットの詰め合わせ。単頭飼いだけどいろんなものをあげたい飼い主さんにおすすめ!

【デグープラス ダイエットメンテナンス】

圧倒的コスパのダイエットメンテナンス。これ食べとけば健康かな、と我が家ではメインペレットです。ベースはチモシーですが、アルファルファミール、オオバコ、タンポポなどのおやつ草を配合して、ある程度食いつきをよくしてくれています。オオバコやタンポポは消化吸収に一役買ってくれる効果も。

安定型ビタミンCが入っているのもポイント高いです。部屋んぽが少なかったり、ひなたぼっこ不足のデグーにはよりおすすめ。「食物繊維状多糖類」なる甘味は、肥満になりにくい性質のものなのだとか。

原材料が少ないのでなんだかんだ安心。色々入りすぎていると、体調不良の時に原因を解明するのが一苦労だったりします。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸が入った優秀ペレット。カロリーが必要な時期でなければどんなデグーにもおすすめ!

【Fラボ デグー専用フード】

比較的新しく登場したペレット。ベースはチモシーとアルファルファ。表記から見て、半々くらいの割合なのかなという感じ。コエンザイムQ10やグァバ葉粉末、プロポリスが配合されています。健康食品みたいですよね。値段もお高め。

「色々入ってるな」という感じですが、基本のビタミン各種やミネラル類もきちんと入れてくれています。植物抽出発酵エキスが尿の匂いを軽減してくれるとか。「ユッカ」が配合されたペレットは尿の匂いを抑えてくれます。デグション臭いな……とお悩みの方は、お試しあれ。

コエンザイムQ10やグァバ葉粉末・プロポリスなど、これまでのデグーペレットには見られない栄養素が入った新登場ペレット。

【デグーセレクション】

成長期のデグーや食欲不振のデグーにおすすめのムキムキペレット。栄養満点なので、成体デグーにあげるときは量を気をつけてあげないと太ってしまいます。

主原料はチモシー、アルファルファも入っています。ビタミンとミネラルを「強化配合」しているのが特徴で、オオバコ、タンポポ、乳酸菌も入っています。

パーフェクト・プロテインペレット。老年はこれでいいかな、という感じ。甘味料が使われているので、その点でもあげすぎ注意です……!

あえてカロリー高め、ビタミンミネラルが強化配合されたチョコバー的ペレット妊婦や食欲不振のデグーに

【デグーテイストプラス】

ナチュラルペットフーズは「タンポポのペレット」や「オオバコのペレット」など、乳酸菌入りのおやつペレットシリーズが、かなりいい感じのブランドです。

「主食ペレット」にするにはちょっと嗜好性高いかな、というテイストプラス。ペレットにリンゴが添加されていたり、小麦粉が使われていたり。デグーは大喜び、飼い主の目を盗んで食べそうなチンピラペレットです。

他のペレットシリーズ同様、テイストプラスにも乳酸菌が入っているので、部屋んぽ中のおやつペレットに最適!おなかケアしながら仲良くなれそうです!

おやつペレットに最適。いろんな食材が入っているので部屋んぽ中に偏食防止のトレーニングができちゃう!

【ひかりデグデグ】

国産ペレットとして一斉を風靡した、ひかりデグデグ。かなり硬めに作られていて、デグーのストレス解消にもってこい。老年デグーには噛むのが大変かも。

「ひかり菌」というメーカー独自の善玉菌や、ビタミンC配合、ユッカで消臭、さらには糖類不使用と完璧なスペックですが、ベースがアルファルファなのが惜しい……!チモシーベースのペレットと併せて、我が家ではサブペレとして大活躍しています。

アルファルファベースのカリカリ歯応えペレット!尿臭防止効果のあるのユッカ配合がポイント。

【デグープレミアムフード シンバイオティクスブレンド】

おなかの健康に特化したペレット。草食動物の腸特有の善玉菌と、それを活動させるための菌が一緒に配合されています。

さらに、母乳にも含まれる免疫成分「ヌクレチオド」が配合されていて、これは代謝を高める効果があります。換毛期がうまくいかないデグーにおすすめとのこと。

ビタミン、ミネラル類も添加されていますが、アルファルファベース!ひかりデグデグと同じような位置付けで、サプリペレットとして、サブであげるのがおすすめです。

新バイオティクス入りでお腹のサポートに特化。代謝に良い配合なので、換毛器のデグーにおすすめ。

【大地の恵み La Terra デグーフード】

いつの間にか発売されていた新ペレット。グルテンフリーの健康志向タイプです。オリゴ糖が配合されていますが、糖類不使用と記載されていてこれいかに。添加されているオリゴ糖とフルーツの食物繊維は、「乳酸菌の栄養」という扱いみたいです。

ベースの牧草はアルファルファ。さらに、ビタミンCも配合されていますが、この感じなら「デグーセレクション」とか、もう少しコスパの良いペレットが他にありそう……。ただ、フルーツ添加のペレットは、デグーの食いつきに定評があります。「ペレット食べないなあ」とお悩みの飼い主さん、試してみては……!

アルファルファベース、フルーツ食物繊維配合の美味しそうなペレット。安定型ビタミンCをはじめ、ビタミン類が豊富に添加されています。

【medimal デグーフード】

みんな大好き、メディマルのペレット!オーツ麦や大豆が入っていて、デグーの食いつき抜群!「チンピラペレットかな?」と思いきや、ビタミンCはもちろん、天然ビタミンE、プレバイオティクス配合でおなかの健康もサポート。

イギリスからの輸入品なのですが、合成保存料や着色料が使われていないのも高ポイントです。老年デグーをベタ可愛がりしている筆者的には「亜麻仁」が入っているのもイイ!亜麻仁には、オメガ3脂肪酸が含まれていて、これは皮膚や臓器、眼球なんかを健やかに保ってくれる成分。取り替えが効かない(手術も難しい)小動物のわがままボディを支えてくれる、亜麻仁のタネ……。

ちなみにカーブしているのが「チモシーベース」、短い方のペレットは「アルファルファベース」なので注意!ほっとくと、しれっと短いのばっかり食べます!アカンで!

オーツ麦、大豆入りのうまうまペレット。オリゴ糖でお腹もケア。

【チモシーのきわみ】

ウサギ用で販売されているのですが「ほう〜こりゃいいな」と思った、チモシーのきわみ。なんでも、「チモシーの代わり」として与えられるペレット。原材料は牧草(チモシー)、糟糖類、にんじん、食塩、乳酸菌と、かなりシンプル。粗挽きのチモシーが便通をよくしてくれるので、偏食でチモシー嫌いになってしまったデグーのトレーニングにおすすめです。ウンチが小さいデグーにも試してみるといいかもしれません。

デグーペレットにはない長さでなんか新鮮。「よいしょ」って持つ姿がかわいいかも。ポテロング感があります。グルテンフリーも高ポイント。

チモシー嫌いなデグーのトレーニングに最適な牧草代用ペレット。チモシーアレルギー持ちの飼い主さんにもおすすめ!

イケてるデグペレは見つかりましたか?

高レビューのデグペレを比較してみましたが、どうでしょう……、イケてるペレットには出会えましたか?ペレットの添加物は、商品によってさまざま。どれがいちばん!というよりかは、バランスよくいろんなものを食べさせてあげるのが健康の近道なのではないかと思います。

我が家に住むデグーたちが食べているペレット6種を紹介した記事も、ぜひ参考にしていただければ……!みんなしてツヤッツヤで、一度も通院したことがないんです……!

デグーにおすすめのペレット6選!ベースの牧草に注目

デグーのごはんカテゴリの最新記事