デグーペレットの適正量は体重の5%って信じていいの?悩める飼い主さん集合

デグーペレットの適正量は体重の5%って信じていいの?悩める飼い主さん集合

みなさん、おうちのデグーに1日どのくらいの量のペレットをあげていますか?ペレットの袋の裏面に、適正量が書いてあるじゃないですか?だいたい「体重の5%」って書かれていますが、みんな、その量あげてます……?

本記事では、「うちの子にはペレットどのくらいあげたらいいんや……」「適正量あげているのに……」など、デグーにあげるペレットの量に悩んでいる方に、飼い主おすすめの適正量の判断方法をご紹介していきます!

「あー、もう今日はペレット大丈夫ですわ。そんな動いてないですし」みたいに言ってくれればいいんですけどねー!そういうわけにはいかないんだよねー!

degubase筆者情報

知りたいのは「うちの子の適正量」!

多頭飼いしていると特に「結局、だれに何gあげればいいんだ!?」と混乱しますよね。つまり、体重だけではなく、「うちの子の状態を正しく把握することが、ペレットの量の不安を解消するカギ。

結論からお伝えすると、「デグーに与えるべきペレットの量は推奨量を鵜呑みにしすぎないほうが良い」「体重以外にも、年齢や嗜好を加味してあげた方が良い」ということなのです。

よっ!時間泥棒!「ペレット手渡し」で食べる量を把握

みなさん、普段デグーにペレットを渡すとき、どういうスタイルで与えていますか?我が家では、時間がないときケージを開けて一掴みポイーなんてやりがち。しかし、適正量を知るためには「1個手渡し、食べ終わったらまた1個手渡し」を、一度試してみるのがおすすめです

我が家のデグー成長期の頃は、渡したぶん永遠に全部胃に入れていました。この場合、飼い主がペレットの量を調整してあげる必要がありそうですよね。

しかし、成長期が終わり、体重が固定化されてくると、だんだん受け取ったペレットを隠すように……。「もうご飯で体を大きくするフェーズは終わったぜ」ということなのかもしれません。

ちなみに、隠しペレットは雑菌繁殖の原因にもなります。うっかり古いものを食べると食中毒の危険もあるそうな。成長期以降のデグーの場合、手渡しで食べきる量を把握して「ああ、この子の一食はこのくらいなのか」という目安にしてもいいと思います。

「チモシー派のデグー」もいる!

「食が細い」「体重が増えない」と悩んでいるデグ飼いさん、どうやら少なくないようです。デグーはグルメで、変化に富んだ食事が大好き。しかし中には、チモシーをこよなく愛するタイプのデグーもいるのです。

チモシーは、野生化のデグーが主食にしている牧草。低カロリーですが、それでも十分生きていけます。ペレットよりもチモシーが好きなデグーの場合、そこまで体重も増えない様子。さらに、ペレットと違ってチモシーは、音もなく食べることができるため「この子、食べてる?」と不安になりがちです。

チモ派のデグーには、無理に記載量のペレットを与えずに、ビタミン欠乏を防止する乾燥野菜でアシストしてあげるのがオススメです。

デグーが泣いて喜ぶおやつ『乾燥野菜』の作り方!家にあるものだけで作れるよ

デグーのペレット目安量、みんなどう思う?

我が家にあるペレットの裏面表示を確認したところ、すべてのペレットに「1日体重の5%与えてください」と書いてありました。つまり、200gのデグーであれば10gということですね。

うんうん、わかります。ところで我が家、一時は9匹のデグーと寝食を共にしていたわけで。それはもう、個性豊かなデグーたちに囲まれていて思ったことなのですが、「同じ体重200gでも、デグーの雰囲気は全然違うよな」ということなのですよ……!

この辺を掘り下げると、「うちの子の適量は?」っていう、迷えるデグ飼いの光明になるんじゃないかなって思っているのです。

【適正量】体重300gのデグーの場合

お皿にたっぷり、15gのペレット!Barで出てくる乾きもんくらいのボリュームがありますね。これだけ食べられればデグーもハッピーかもしれません。

しかし、同じ300gでも、「そもそも体長が大きいデグー(長いデグーw)」か、「おやつの食べすぎや運動不足で太っているデグー」かで適正量は変わってきます。

痩せないとやばいデグーに、こんなにホイホイペレットあげちゃいけないような気がします。

「なぜこのデグーは300gなのか」がポイント

我が家の先住デグー。2歳くらいから300gを超えていました。「デグーは太るとと糖尿病になる」「糖尿になると白内障で失明、足も動かなくなる手術はできない」と聞いて、震えました。デグーの寿命は5年から8年。短いデグ生、障害を抱えて難儀であってはならないと思ったのです。

ペレットの量を減らしましたが、まあ痩せねえ痩せねえ。食べることが最高に好きな様子だったので「太く短く生きるか」と諦めました。

3年目、お嫁さんとしてメスデグーを迎えて気が付いたこと。「先住デグーの頭蓋骨のサイズ、嫁の2倍ある」。トラップだなあ!デグーの体重で悩んでいる方、おうちのデグーが先天的に「大型」なのか「小型」なのか、頭や足の大きさで確認してみて。

「デグーの適正体重は、180〜280g」トラップだなあ!高身長デグーなんて。

【適正量】体重180gのデグーの場合

一方、体重180gのスリムデグの場合。先ほど「15g」を見た後なのもあるかもですが、ちょっとしょんぼりする量。体が小さいデグーは、チモ派だったり、食が細いパターンが多いので、これでOKな子も多いと思います。

しかし、「このペレットが嫌いだからあまり食べない」「から、痩せている」という場合も考慮するのがいいかもしれません。毎日ご飯がもらえる飽食の飼いデグー。中には「いつか出てくる好きなものだけで腹を満たす」という生き方を選択する子もいるのです。

色々なペレットを試してみて「一番ススム奴」を見つけておくのは、彼らの老年期を見据える上でとっても大切です。

デグーの老年期は体重減少からはじまる

デグーは4歳くらいから老年期。この時期には、体重を維持させることが健康管理において重要になってきます。我が家でこれまで早く亡くなったデグーを思い返すと、総じて「急にゲッソリした」「もともとガリガリ」な子達。

一方、300g越えの5歳のパンパンデグーが、元気に脱走。メスの小屋にへばりつくのを見かけるこの頃。

高血糖に弱いデグーですから、肥満は禁物!ただ、程よく丸く保つのは長寿の秘訣なのかもしれないと、飼い主は最近強く思っているわけで……!

デグーの寿命はどのくらい?長生きしてもらうために大切なポイントまとめ

ペレットはデグーの「栄養補助アイテム」!

「ペレットを食べる量に個体差がある」となると、残されれれば「多い?」ケージをかじりだせば「足りない?」。こんな感じで気になってしまいます。

ペレットのそもそもの役割を思い出すと「栄養補助」。デグーは自然界では粗食。本来草しか食べないと言われています。そこで、ビタミンやミネラルなど、飼いデグが長生きするのを助けてくれる栄養素を補うのが、ペレットのお仕事なのです。

年齢や体調で量を調節してあげるのがオススメ!

製品に記載されている体重ベースの適正量は、あくまで目安。個々のデグーの、体調、年齢に合わせてペレットの量を調整してあげるのが良いと思います。

成長期のデグーの場合

生後半年から1年くらいのデグー。成長期で、よく食べます。体重ベースのペレットを与えて体を育てつつ、タンポポの葉りんごの木乾燥野菜大麦など、偏らないように少しずつ美味しいものを教えてあげると健やかです。

発情期のデグーの場合

特にオスの場合、発情期を迎えるとペレットを食べなくなることも。ゲソっとして機嫌が悪くなります。この時は適正量のペレットを与えるのは一時的に諦めて、嗜好性の高いペレット(アルファルファベースなど)を少量あげて繋ぎます。「おしっこかかってるし要らない」と、なりがちなチモシーも清潔に保ち、適度におやつで機嫌をとります。

妊娠中のデグーの場合

妊娠中のデグーは、体内の子供の栄養はもちろん「出産のための体力」も確保する必要があります。結局、授乳でゲソっとするので、我が家では妊娠中はカロリー多めに与えていました。

ペレットは、とりあえず受け取るだけ、食べるだけ。「妊婦本人が欲しがってるんだから、必要なんだろう」という感じ。さらにチモシーにプラスして、アルファルファオーツヘイなどのご馳走草も。お腹が重くて辛そうにしている時は、持ちやすい大きめのおやつ(ベジドロップなど)で気を紛らわしてもらいました。

老年期のデグーの場合

我が家の先住は5歳、老年期に突入です。ペレットの量は4歳あたりからだいぶ減り、構ってもらいたい欲の方が強くなってきました。こうなると、体重ベースの適正量は余ります。隠されて、おしっこでカビる、なんてことも……。

ペレットは少し減らし、痩せてきそうな分は大好きなおやつを手渡しであげています。残りのデグ生を考えて、「今日も美味しいもの食べたなあ」と思いながら眠りにつく日を少しでも増やしたいという配慮です。

高齢デグーとの過ごし方。加齢で起きるデグーの変化と寿命までの介護

シンプルなデブーの場合

ペットショップでたまに、生のりんごとか糖分の多いものをもらっているデグーがいます。そのためか、ショップからお迎えした時点でそこそこの重量というパターンも。

先述した、頭と足の大きさから先天的なサイズ感を見ることも大事です。体重に加えて、「いつも眠そう」とか「体が重そう」とか「甘いものしか食べない」とか!デブっぽいデグーは、生活を整えてあげましょう。

具体的には、糖分を控えた食事。デグーが根負けするまでおやつはあげない。圧倒的な部屋んぽ。ただ、ケージ内のレイアウトはステップ多め、無理のないデブ仕様にしてあげることで、怪我を防ぎましょう。

「ペレットの添加物」を確認!

ところで、ペレットの製品ごとに「甘味料の種類」「配合量」は結構変わります。ところが、ほとんどのペレットに「体重の5%」が適正と書いてあるんですよね。これいかに、と飼い主個人的には思うわけで……。

同じペレットを長期間あげ続けるよりも、いろんな栄養素をとって、気分転換するためにも、いろんなペレットを試してあげるといいかもです。

デグーは粗食!でもご飯への愛は人と同じ!

うーん、見出しで書いちゃいました。彼らを見ていると、デグーもいろんなもの美味しく食べたいと思っている感じがします。

草食なりにバラエティに飛んだ飯が食べたいと。同じエサのルーティンだと、あからさまに機嫌が悪くなるデグーもいます。人間と一緒ですよね。

さらに、人間よりも短い寿命。つまり少ない食事回数。大事にしてあげたいものですよね。

デグーのごはんカテゴリの最新記事