デグーに喝!“食べないペレット”捨てる前に試しておきたいテクニック集

デグーに喝!“食べないペレット”捨てる前に試しておきたいテクニック集

デグーに毎日ペレットをあげていて、なぜか突然食べなくなる……。「いやこないだまで、そのペレット大喜びで食べてましたやーん」。こんな経験がある飼い主さんは多いと思います。

デグーの主食は、チモシー!ですが、デグーは案外グルメ。チモシーでできているペレットを未来永劫、食べてくれるとは限らないようなのです……。

本記事では、デグーがペレットを食べなくなる原因を深刻度順に紹介、さらに飽きてしまったペレットをもう一度食べさせるためのステップを解説していきます!

degubase筆者情報

あんなに好きだったペレット飽きたんですか・・


「なんだか最近、ペレットへの食いつきが悪い……」。【デグー ペレット 飽きる】で検索すれば、悩み事はザクザクでてきます。ペレットを急に食べなくなってしまうと体重の減少が気になりますし、何より買いだめしたペレットがもったいない……!

我が家でも、単頭飼い歴の長いデグーはペレットを偏食しがち。ペレットにありがたみを感じていないというか「これを食べなくても何かしら出てくるだろ」みたいな、よこしまな考えが透けて見えることもしばしばなのです。

それにしても、デグーがペレットを食べないって人間でいうならば「白米飽きた」みたいな感覚ですよね。実家でやったら間違いなく怒られるやつであると言えます。なぜデグーは突然ペレットを食べなくなっちゃうのでしょうか。

デグーがペレットを食べなくなる原因とは

デグーがペレットを食べなくなる理由として考えられる要因、ここでは深刻度で分けてまとめてみました。深刻な順に紹介していきますね。

深刻な理由として考えられる要因

まずは、“病院行かなきゃ案件”に分類される深刻めな要因から紹介していきます。デグーの病気は素人判断が難しいですよね……。

食欲不振にプラスアルファで、心配な症状があるかどうかをまずはチェックしましょう。「飼っているデグーがどういう状態になったら病院に連れていくか」、日頃元気なうちから軽くシミュレーションしておくと、いざというときの焦りが軽減されますよ……!

消化器系など内臓の病気

一度口に入れたものを外に出すという動作、デグーにとっては難易度が高いのだそう。糸くずやプラスチックなどを誤飲してしまった場合、腸などで詰まってしまっていることがあります。誤飲以外にも、消化器系の病気や腫瘍などが食欲不振の原因になっている場合もあるようです。

こんな時は、ペレットだけでなくチモシーや、他のおやつも食べなくなっているはず。誤飲は危険です。大至急、病院に行きましょう。

ちなみに我が家では、充電ケーブルがデグーに大人気!
目を盗んでかじられて(食べられて)しまうこともありますが「よく噛みな!」と叱って様子を見ています。よーく咀嚼できていればセーフ……という感覚です。我が家はね。

歯のトラブル

意外と多いのが、歯の伸び方や噛み合わせが悪くなってしまってペレットが食べられないパターン。これは、外から見たときにわからなくても、歯が内側に、つまり鼻の方向に伸びていってしまうこともあるので要注意なのです。

歯にトラブルを抱えたデグーの多くは、鼻に異常がみられる傾向にあります。例えば食欲不振にプラスして、変なくしゃみやしゃっくりを頻繁にしている。謎の呼吸音がしたり……、こうなると歯の異常が他の器官にも影響を及ぼしている可能性もあります。

デグーの“不正咬合”とは?原因と治療、おうちでできるチェック・予防策を解説

こんな時も、続くようであれば病院で診てもらった方が安心だと思います。

  • 「いつもの偏食と違う」と感じたら、注意して見てあげる。
  • 食べないのは本当にペレットだけ?
  • 不思議なくしゃみやしっくりを頻発していない?
  • 胴のあたりがゲソっと痩せてくるのも要注意

あまり深刻ではないけどありえる要因

続いて紹介するのが、生理現象。ちょっとかわいそうだけど仕方がない食欲不振の原因についてまとめました。

でも、理由がわかれば、飼い主もサポートすることができるようになりますよね。あてはまる状態があるかどうか、チェックチェック!

ペレットの量、固さが年齢的にキツい

デグーは3~4歳くらいになると、老化で食が細くなってくる子もいます。または、歯が弱ってきて噛むのが大変だったりすることも。

我が家の4歳のデグーは太っていることもあり、ペレットを食べるときに後ろ足で立つのがめんどくさいという雰囲気を醸し出していました。ある程度ダイエットした現在も「今渡されたこれは、後ろ足で立つレベルのペレットかどうか」を瞬時に判断している感があります。

ペレットをシャキシャキ食べないシニアデグーには、食べやすいようにやわらかめのペレットや、片手で持ちやすい形状のペレットを試してみるのがおすすめです。

高齢デグーとの過ごし方。加齢で起きるデグーの変化と寿命までの介護

オスの発情期は食欲がなくなる

なんとも切ないことですが、発情期の最中はほとんどのデグーが食欲落ちてきます。我が家のデグーは発情期を迎えると、落ち着きがなくなり、ペレットを捨てるようになり、キンタマをパンパンに腫らしてさめざめと鳴きます。

見ていてかわいそうになりますが、こればかりはうまく付き合ってもらうしかありません。こんなときに飼い主にできることといえば、ペレットの他に栄養補給ができるサブフード“タンポポの葉”や“大麦”を、たまにあげつつ様子を見ることくらい。

タンポポの葉にはカリウムや鉄、ビタミンA,B,C,Dが含まれています生で与えると結石の原因になるシュウ酸が含まれているので加熱乾燥した市販品をあげましょう!
グルテンフリーでタンパク質が豊富。消化にも良いので栄養補給アイテムに最適。
  • 固いペレットはシニアデグーにとっては難関かも
  • 発情期かどうか確認。イライラしていないか?キンタマチェック

工夫次第でなんとかなりそうな要因

2度の出産で我が家にはマックス18匹のデグーが暮らしていた時期もありました。こうして大量のデグーと接すると、食べない理由が必ずしも体調によるものとは限らないことに気がつきました。

人間でもそうですよね。食べない=体調が悪い、とは必ずしも結びつきません。個人 個デグーによって「ペレットを食べたくない理由」が無限にあるとしたら……。

デグー「単純にペレットがまずい」

これ全然おいしくないです!」というパターン。個々で好きな食べ物は違いますし、口に合わないということもあるのです。

特に甘さがないペレットは、美味しくないジャッジを下されやすい傾向にあります。デグーは頭がいいので、甘みのある美味しいものを頻繁にあげていると、次第にペレットと比較するようになります。

「これじゃなくて、あの甘いやつくれよ!」みたいな、わがまま偏食も大いにあり得ます。もし、口に合わなそうにしていたら、嗜好性の高いおやつばかりあげていないか、見直してみてください。もし心当たりがあるようなら、一旦美味しいおやつは封印してみましょう……!

デグー「ペレットが湿気ってるぞ!」

よくあるのが、ペレットの保存状態がよくないパターン。湿気たペレットはデグーにかなり不人気です。開封したてのペレットと、開封後時間の経ったペレットを一緒に差し出すと、ほとんどのデグーが新鮮な方を選びます。侮れない……。

ペレットは密封できる袋や瓶に入れて保管し、食品用の乾燥剤もプラスで入れてあげるのがオススメです。

老年期になって歯が弱くなったら、ふやかしたペレットをあげたりしたいのですけどね……。うちのデグーは本当に湿気ったものが嫌いです。どうなることやら。

デグー「別にお腹空いてないです」

飼い主とデグーの間に、食事の量のミスマッチが発生しているパターン。意外とよくあるのですが、デグーがペレットを食べるほどお腹が空いていない場合です。特にチモシーをよく食べるデグーは、案外少しのペレットで満足していることも。

完全草食のデグーにとって、ペレットはサブメニュー。体重が適正であれば、無理に巷で言われている“適正量”のペレットを食べさせる必要はないのかな……と感じます。

この子は草派なのね」というタイプのデグーは我が家にも何匹かいます。ワアア!っとペレットに向かっていかないので一見不安になりますが、体重はしっかりあって顔もパンパンなのでオッケーです。

デグーペレットの適正量は体重の5%って信じていいの?悩める飼い主さん集合

デグー「イラついてペレットどころじゃねえ」

筆者の飼っている最年長デグーについて振り返ると、圧倒的に多かったのがこれ。何か気に入らないことがあって食事どころではないパターン。

ストライキとも言えるこの状態、本人はどういうつもりでやっているのか分かりませんが、ストレスの原因が取り除ければしれっと食欲が戻ります。

デグーのストレスについては別記事で詳しく書いています。ただ、これって筆者が食欲不振とストレスを無理矢理ひも付けているだけかもしれないんですよね。個人の意見というやつ。

デグーのストレス”と聞いて、胸騒ぎを覚える飼い主さんは、ぜひ参考程度にしていただければ幸いなのです……!

  • ペレットが口に合わないこともある
  • 美味しいおやつをあげすぎてグルメになってしまっていない?
  • ペレットの保存環境を見直し!
  • デグーによって適性ペレット量は結構変わる。草派?体重はどう?
  • ストレスの原因がケージのそばにないかを確認しよう!

デグーに喝!ペレットに飽きたら試してほしいテクニック集

さて、デグーがペレットを食べなくなる原因を、病的なものから環境・ストレス由来まで、ひとつずつ考えてきましたね。

え?まだ食べない?あ〜……それは、たぶん飽きてますね……!

“ペレットのローテーション”はデグ飼いの嗜み

突然ですが、ペレットローテーション、してますか?

いくらお気に入りのペレットでも、365日それ!だと流石に食べなくなってくることがあります。どれだけ明太子が好きでも、毎日はキツイのと同じですね。

ペレットは一旦飽きられると、しばらく食べなくなってしまってかなり厄介です。そこで、我が家では2〜3種類のペレットを常備して、ランダムにあげるようにしています。

デグーペレット11種類を徹底比較!基本の選び方も解説!

ペレットを“半分に割って”あげる

ペレットってスティック状になっているじゃないですか。それを手でへし折って、割った側のほうをデグーに向けて渡してみてください。ポイントは香り。ペレットの芳醇な香りに負けて、食べ始めるデグーが結構います!

我が家では、割ったペレットの趣を知ってしまったデグーが「俺は割ったペレットでなければ食わん」という状態になってしまい、しばらく地味に面倒でした。

でも、効果的でしたよ!お試しあれ!

ペレット“レンチンの儀”

割ったペレットも食べない困ったちゃんには、ペレットレンチンの儀をお試しください。ペレットの湿気を飛ばす方法なのです。

レンジ皿にクッキングシートを敷いて(水気を吸ってくれる)ペレットを重ならないように敷き詰めます。ラップはせずに、500W20秒くらいから様子を見つつペレットをレンチンしてみましょう。

あんまりやりすぎると中心が焦げるので1分以降は要注意です。

レンチンできたら、そのままレンジの扉を開けて皿の上で冷まします。ウマそうな匂いがしますが、熱々はあげちゃダメですよ!

水分が飛んでカリッとなっているはずです。梅雨の時期には特にオススメです!

“お気に入りの場所”で手渡し

デグーによってお気に入りスポットがあると思います。部屋んぽ中など、お気に入りの場所でペレットを手渡すようにするのも効果的。「まあせっかくもらったしな」みたいな感じで、ノリで食べてくれることが結構あります。

ケージ内にペレットをザラザラっと置くよりも、手渡してみましょう!1個食べ終わったら、はい次。というふうに渡すと、デグーも面白がって結構食べてくれたりします。

“飼い主と一緒に”ごはんを食べる

これに気付いたときは、かなり興奮しました。

デグーは群れで生活する生き物ですが、多頭飼いしているケージを見ていると、ご飯も仲間と一緒のタイミングで食べていることが多いのです。「仲間が食べているとつられて食べる」もしくは「仲間が食べているから安全な状態!」と認識して、ご飯を食べるのかな、と思います。

デグーは自然界では捕食対象。つまり、安心してご飯を食べられる環境=仲間がご飯を食べている環境なのではないでしょうか。ふむ……。

我が家の単頭飼いのデグーは、人が何か食べ始めると自分もどこかから貯金のペレットを持ち出して、こっちを向いて食べ始めます。これに気付いてからは「デグーの食欲が落ちてきたな」と思ったら、なるべくデグーの前でご飯を食べるようにしています。

人馴れしている(人を群れの仲間と思っている)デグー限定かもしれませんが、ぜひお試しあれ!これ、ノーベル平和賞じゃないですか……?

デグーをベタ慣れにしたい飼い主さんに捧ぐ!デグーとマブダチになる方法

好物の合間にフェイントで手渡す

デグーとの生活って、出し抜き合いみたいなところがありますよね。デグーは頭がいいので、油断していると企みに乗せられていることもしばしば。

この方法は、ちょっと騙し要素が入っているのですが「テンポよくデグーの好物を渡しておいて……そのリズムを崩さずペレットを渡す!」。一瞬がっかりした顔をされますが、ノリのいいデグーは渋々食べてくれることもあります。

ちょっと小狡い手段なので、何度かやっているとあちらも察して騙されなくなりますw

デグーのおすすめおやつ図鑑!我が家の市販のおやつを公開

チモシーを食べないデグーは極限まで飢えさせる?

この方法は、デグーを飼い始めたばかりの頃、チモシーを食べなくて悩んだ飼い主がネット検索で見つけたものです。

ベテランのデグ飼いさんによるブログだったのですが「それ(草)しかあげなければお腹が空いて最終的には食べる!」というもの。読んだときは「こんな珠のようなデグーにそんなかわいそうな……!」という感想でしたが、今では珠どころか砲丸並みのサイズに成長しました。

これはチモシー対策なので、ペレットの場合は飢えさせてまで食べさせる必要はないと思います。でも、病気の要素がないのであればデグーに振り回されずに、飼い主推しのペレットを貫くのもアリかなと個人的には思います。それしかないと分かれば、諦めて食べてくれるのです。

ただ、「美味しいほうがいいよね」「お気に入りを見つけてあげたい」という方。デグーのペレット選びがラビリンスだよ、という方はデグペレに含まれている甘味料について解説した記事もよかったら参考にしてください……!

デグーの寿命は5〜8年。小動物にしては結構生きますよね。まあ、それだけ生きてりゃ食べたくない時期もある!ペレットに飽きることもあるよな!

デグーの困りごとカテゴリの最新記事