デグーが泣いて喜ぶおやつ『乾燥野菜』の作り方!家にあるものだけで作れるよ

デグーが泣いて喜ぶおやつ『乾燥野菜』の作り方!家にあるものだけで作れるよ

デグーに安心して食べさせられる『乾燥野菜』便利ですよねー!
野菜の栄養も取れるし、デグーの食いつきもよくってありがたい!でも、乾燥野菜をペット専門店で購入すると割高だったり、単頭飼いの場合「こんなにたくさんあげきれない」って、湿気させてしまうことも。

そこで、乾燥野菜を手作りする方法を紹介します!
普段キッチンで使う野菜をちょこっとデグー用に回せるので、コスパいいですよ・・!

degubase筆者情報

デグーは乾燥野菜が大好き

現在、デグーを9匹飼っていますが、みんなすっげー野菜が好き!
普通、個体によってお気に入りのおやつとか、食べないおやつがあるものですが、乾燥野菜はいつでもウェルカムみたいです。多分干すことで甘みがで出るんだと思うんですよね。
SNSで、生野菜を食べているめっちゃ可愛いデグーの動画をたまに目にしますが、生野菜の水分は多く摂取してしまうとデグーにとっては下痢の原因になることもあるので基本的にはNGです。

うちでは、食べ物は乾いていれば乾いているほど喜ばれます。
ペレットですら、梅雨の時期になると「すいませんこれなんか湿ってますよお!」と拒絶されることもあるくらいです。エサの乾燥ぐあいの許容範囲も個体差なんですね・・。厳しい・・。

デグーに喝!“食べないペレット”捨てる前に試しておきたいテクニック集

デグーにあげる乾燥野菜は、もちろん味付けなし。ただスライスした野菜をカラッカラにしたものをあげておけば、彼らはハッピーです。愛い奴。

デグーが食べられる乾燥野菜は?

乾燥野菜、乾燥野菜と言ってきましたが、もちろんどんな野菜でも乾いていればOKというわけではありません。
大雑把にいえば『アブラナ科の野菜はデグー向き』というのが、判断基準です。
反対に『ネギ、イモ類』は、いくら乾燥しててもあげないのがベターです。

デグーがいける乾燥野菜

そーれ!リストにしてみました!
「うちではどれを乾燥させようかな」って感じでご覧ください〜!

にんじんめっちゃ好き!しかし、糖分が多いのと「ビタミンを壊す?」らしいと聞いたので、あまりあげないようにしています。めちゃめちゃ欲しがるものはあんまりあげない定期です。
白菜これも、独特の甘さがたまらない様子。香りもするし。特に葉の部分が人気。水分が多い野菜なので、自宅で乾燥させるのが難しい。いつも茶色くなって失敗しちゃう。
キャベツ安定の人気。むちゃくちゃな糖分は入っていないので、レギュラーおやつとしてあげてます。白菜よりは自宅で乾燥させやすい。ペラッと一枚で干すのが扱いやすい。
ブロッコリー最高にウマイ!ペット用に市販されているのは『茎』をスライスした部分です。自分で作る場合アフロの部分は、花なのであげないほうがいいと思う。かなり歯ごたえがあるので、食べた気になっている模様。
水菜ビタミンが取れる乾燥野菜として定番。甘い要素がないので、我が家では不人気。甘くない野菜はコンパニオンのいない宴会くらい不景気なものだと思っている様子。
セロリ食べられると聞き、乾燥させてあげてみました!結果「たくさん食べるものではない」様子。2個目食べる?と渡すと「あ、もう大丈夫です」という塩対応でした。デグーはハーブ全般がOKなので、好きな子は好きだと思う!
小松菜水菜よりは人気がある小松菜。しかしどうやら、湿気を吸いやすいらしく、開封したら結構早めに食べないと美味しくないみたいです。とはいえビタミンが豊富なので「ちょっとくらい湿ったものも食べる」という子には、ぜひおすすめ!
チンゲンサイこちらも小松菜同様、開封すると劣化が早い感じがします。青物系はそうなのかな?ペラペラな分、乾燥させるのは簡単なので、青物系は人間のおかずついでにちょこちょこ作るのがいいかもです。
かぼちゃ禁断の果実!初めてかぼちゃを食べたうちのデグーは、衝撃からしばらく反り返っていました。ただ、明らかに糖分がたっぷりなので、本当に嗜好品。「もし瀕死になったら主食にしような」と約束してます。
レタスレタスもほのかに甘くてデグーに人気です!ただ、これもやっぱり自宅で乾燥させるとシワシワになっちゃう・・。どうやら薄くて水分の多い野菜は、天日干しに向かないみたいです。市販品がおすすめです!

食品乾燥機いらず!自作の乾燥野菜の作り方

では乾燥させる野菜が決まったところで、いよいよ、乾燥野菜を自宅で作る方法を紹介していきます!

私は日頃、食品乾燥機を使って、フルーツとか乾かしているYouTube動画を、羨望の眼差しでみています。つまり、そういうの持ってないです。

「欲しいなあ」って思うこともあるんですが、良いのはどれも高いし、買ってそもそもどこに置くのって・・。食品乾燥機の他に、乾燥野菜を作る方法は

  • 野菜干しネットで天日干し
  • 吸水性のある布の上で天日干し
  • レンチンで水分を飛ばす
  • 天日干しではなく空調の風で干す

このあたりです。特に暖房は部屋が乾燥しやすいので、野菜も干しやすいんですが・・人間とデグーのために部屋は加湿しときたいですよねえ。

レンチンは、マスターすればかなり便利な方法です。ただ、野菜やレンジによって加熱時間が変わるところが難点といえば難点。

今回は、今すぐできる方法ということで、どこの家にあるものでも作れる『布の上で天日干し』パターンで、乾燥野菜作っていきます!

このニンジンをやってしまいます

手近なところにあった『ニンジン』を使ってレポしていきます!

ちなみに、葉物か根菜であれば、根菜の方が乾燥させやすいな〜と思います。
というのも、厚みのある野菜の方が、ゆっくり水分が抜けるので、目を離した隙にシワシワになったり腐ったり・・ということが少ないんですよね。

にんじんは、たまにちょっとあげるくらいがデグーにとって理想的なので、ザクザク買うより作っちゃいましょう!ニンジンって、ほとんどいつでも冷蔵庫にありますしね・・!

成功の秘訣は『野菜のカット方法』

皮は剥かなくても大丈夫です!
もし気になる方は、綺麗に水洗いしてからカットしましょう。ここで、カットの方法なのですが・・。

『スライサー』『ピーラー』『包丁』の3種類のサンプルを作ってみました。
要は、厚みの問題なんですよね。スライサーは量産できて便利ですが、もっと楽なのはピーラー!手間も少なく、本当に料理のついでにできちゃいます。

自家製の場合、だらだら干さずになるべく短い期間で乾燥させるのが成功の秘訣であり、そのためには切り方にこだわるのがポイントなのです・・!
スライサーよりも安全で、より薄くカットできるピーラーをお試しあれ!

とりあえず3種類、干してみます!

干物になっていただく

写真の向かって左からスライサー、ピーラー、包丁の順番に並べています。

下敷きは、木の板なんかでもいいのですが、野菜の水分でくっついて取れなくなってしまうこともあるので、サラシやキッチンペーパーを噛ませるといい感じです。吸水性のある素材を選ぶのがポイントです!

季節は12月!湿度が低いのでとりあえず、外に出します・・!

半日くらいでニンジンはシナッシナ

日中ベランダに出しておいたニンジンがこちら。
4〜6時間くらいで、触ると不安になるくらいしなっしなになります。

真ん中でシナってるのが『ピーラー』でカットしたニンジン。薄い分、水気が抜けるのが早いんですよね。ちょっと不安だけど、とりあえず放置!

もし、夜気温が下がるとか(昼気温が上がるときに湿気る)、雨が降る予報であれば、夕方の段階で室内に入れておきましょう。

乾燥野菜作り2日目

そして、一夜明けたニンジンがこちら。
夜も晴天だったので、外で夜を越してもらいました。
市販の乾燥野菜みたいにクルクルになってきました・・。でも、触るとまだしっとりしています。
あと一息!

乾燥し始めてからは風に注意!

ここで、事故発生!
天気予報をチェックしつつ乾燥させていた飼い主でしたが、風の強さはノーマーク!
二日目の朝見たら、乾燥して軽くなったニンジンは風で飛ばされて、半分の数になっていました・・。え・・どっか行っちゃった・・。

『乾いてきたら、風に注意』

これ教訓ですね・・。クゥ

デグーに自作の乾燥野菜をあげてみた


2日目に、半分以上が風で吹っ飛んでしまった乾燥ニンジン・・。
見た目はすっかり市販の乾燥野菜のようですが・・厚くていい感じの『包丁カットニンジン』を、デグーにあげてみましょう!

この投稿をInstagramで見る

醍醐つくね with 4degus(@degu_the_tukune)がシェアした投稿

あー!包丁カットは、まだ乾燥がアマイそうです!
動画を見るとわかるのですが、なるべく乾燥している端っこから、消去法で食べています。
見た目は乾燥しているように見えても、2日じゃダメでした。冬場でこの結果なので、夏の湿気の多い時期はもっと干さないとですね。
あ、でも最近は夏場40度近くまで気温が上がる日がありますが、そういうとき屋外で野菜干すと、一瞬で干からびますよ!

厚くカットすると、乾燥してからも歯ごたえがあっていいのですが、自然乾燥だとなかなか乾かないです。このあと薄くカットした方もあげてみましたが、ピーラーカットは、どうやら2日でもイケるようです!

ということで、次章でコツまとめます・・!

デグーのおやつ『乾燥野菜』の作り方ポイントまとめるよ〜!

  • 見た目がイケてても、まだ水分は残っている。
  • ポキッと折れるような固さが完成形!
  • 野菜は厚く切らない方が扱いが楽!ピーラー!
  • 2日目以降の半乾きの時は、風飛び注意!
  • たとえ冬でも、曇りや雨の日は屋内で乾燥がおすすめ
  • 室内で暖房や冷房に晒した方がよく乾くこともあるので気候に合わせて
  • 「あと一息」というときはレンチンがおすすめ(ラップせずに600wで3〜6分、焦げないように様子を見つつ・・)
  • ピンチ付きハンガーでぶら下げて干すのも良い!葉物とかはこの方法。

序盤で紹介した、生野菜の段階からレンチンで乾燥させちゃうっていう方法も興味あるのですが、レンジによっては焦げやすいし、なんか野菜から断末魔みたいな変な音がして怖いんですよね・・!若干の修行が必要かもって思いました。

もし、レンチンでできればすっごい簡単ですよねえ。10分ですよ?
修行してみようかな・・。

デグーのおやつカテゴリの最新記事